「ユニファイドコミュニケーション」シェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

ユニファイドコミュニケーション

2011/06/14


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、IDC Japanの情報を元に、ユニファイドコミュニケーションのシェア情報をご紹介しよう。

 IDC Japanの調べによれば、2010年下半期の国内ユニファイドコミュニケーション(UC)市場は、IPテレフォニーを中心に回復基調で、2010年全体では前年比2.6%増の1396億2800万円になったと推定されている。ソリューション市場別の寡占化状況を見ると、IPテレフォニー市場では上位3社での売上額が70%を超えており、寡占化が進んでいる。IPコンファレンスシステム/IPコンタクトセンタシステム市場では、上位3社の売上額合計が減少する傾向にあり寡占化が後退している。理由としては、2010年からSaaS(Software as a Service)提供事業者が数多く出現しており、これらのサービスが自営システム市場を侵食し始めているためと分析されている。
 2010年下半期の市場占有率(金額ベース)を見ると、日本電気が20.0%を獲得し、2009年に続いて首位を保持した。次いで、OKIネットワークスが15.8%で2位、日立製作所が12.8%で3位、富士通が10.7%で4位と続いている。同市場では、ビデオソリューションへの注力や販売チャネル獲得に成功したベンダが2010年の売上額を成長させている。
 UC提供ベンダ/販売チャネルは、急速なICT投資額増加が見込めない市場環境の中、価格競争に陥らないユーザ企業のインフラ更新需要獲得、UCアプリケーションの自社での活用とユーザへの横展開、ビデオ/モバイル/ソーシャルメディアなど有望分野への投資が求められると見られている。

ユニファイドコミュニケーションシェア

ユニファイドコミュニケーションシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

UC/「ユニファイドコミュニケーション」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UC」関連情報をランダムに表示しています。

UC」関連の製品

Pexip Infinity(ペクシプ インフィニティ) 【VTVジャパン】 小規模遠隔会議・携帯用スピーカーフォン 『Jabra SPEAK 510』 【GNネットコムジャパン】 Office 365とモバイルで働き方改革 Skype for Business 【日本マイクロソフト】
テレビ会議/ビデオ会議 Web会議 IP-PBX
各種端末やWebRTC対応ブラウザ、UCツールからの接続に対応したメディアプラットフォーム。誰もが自由に利用できるテレビ会議環境を低コストで提供する。 1〜4人の会議や持ち運びに適したスピーカーフォン。コンパクトデザインや直感的な使いやすさ、優れた音声品質により、様々なシーンで生産性の高い遠隔会議を実現。 働き方改革を実現する上で、多様化するデバイスやコミュニケーションツールをどう生かすべきなのか。事例を基に、その課題に対処するための具体策を探る。

UC」関連の特集


キーマンズネット会員、299人にユニファイドコミュニケーションの導入状況について調査した結果をお届け…



柔軟なワークスタイルを実現するためには、スマートフォンやタブレットなどを活用したモバイルワーク環境の…



電力ひっ迫時の需給調整要求に応えて自動的に電力消費を抑えてくれる国際標準プロトコル「OpenADR」…


「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UC/ 「ユニファイドコミュニケーション」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UC/ 「ユニファイドコミュニケーション」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004236


IT・IT製品TOP > 通信サービス > VoIP > VoIPの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ