この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/08/26
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#103Windows NTを開発した伝説のプログラマ 〜デビッド・カトラー氏

 2011年7月時点でのパソコンOSのシェアは、Mac OS XにおされてWindowsがシェアを落としたという。といってもWindowsが87.6%を占め、圧倒的な強さを誇っている。Windows XPに代わって徐々にWindows 7がメインOSになりつつあり、Windows 8(仮称)の発売もウワサされ始めた昨今、Windowsは今後どのようになっていくだろうか?

 今回はそんなWindows OSの開発に長年関わってきた、デビッド・カトラー氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介していこう。

  カトラーはオリベット大学に進学し、数学と物理を専攻した。怪我をして引退するまではフットボールの選手としても活躍していたというが、ともかく大学在学中には彼の人生とコンピュータとが交わることはなかった。

デビッド・カトラー氏
1942年
アメリカ・ミシガン州にて誕生。
1965年
オリベット大学へを卒業し、デュポン社へ入社。
1971年
DEC社へ転職。念願のOS開発を担当することに。
1988年
マイクロソフトへ転職。ビル・ゲイツ自らがスカウトしたのだという。
1993年
開発を主導したWindows NT 3.1発売。
2006年
Windows Live部門にてテクニカルフェローとしてWindows Azureの開発に参加。現役。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ Windows NTを開発した伝説のプログラマ 〜デビッド・カトラー氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ Windows NTを開発した伝説のプログラマ 〜デビッド・カトラー氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004229



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ