意外と知らない?100周年「IBM」の社名由来

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/07/01
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#096IBM初代社長は天才的セールスマンだった 〜トーマス・ワトソン氏

 2011年6月16日、大手IT企業・IBMが創立100周年を迎えた。現在の同社について知っていても、その出自について詳しく知っているという人も多くはないのではないだろうか?そこで今回は、そんなIBMの初代社長となったトーマス・ワトソン氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介していこう。

 ワトソンは農家に生まれたが家業は継がず、18歳から主にセールスマンを生業とした。多くのセールスマンが大陸を縦横無尽に駆け回っていた、古き良き時代のアメリカならではの職業だ。

トーマス・ワトソン氏
1874年
米・ニューヨーク州にて誕生。
1895年
NCR社へ入社。
1914年
C-T-R社の社長に就任。
1924年
社名をIBMへ。
1956年
社長の座を息子に受け渡す。引退翌月に死去。享年82歳。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ IBM初代社長は天才的セールスマンだった 〜トーマス・ワトソン氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ IBM初代社長は天才的セールスマンだった 〜トーマス・ワトソン氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004222



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ