データセンタにおけるエネルギー効率化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

データセンタにおけるエネルギー効率化

2011/09/15


 2011年の夏、猛暑となる中、関東圏を中心として企業も家庭も一様に節電への対応を迫られた。幸い需要ピークを乗り越えて計画停電となる事態は回避され、現在に至っているが、原発停止に伴う電力不足は長期化すると見込まれており、国内企業は冬季や来年も見据えた節電対策の継続を求められる事態となっている。とりわけ消費電力の大きい工場や公共設備への影響は大きく、データセンタも例外ではない。これまでもCO2削減や省エネの社会責任性の高まりから、データセンタのエネルギー効率化は着実に進められてきた。そのような中での東日本大震災、そしてそれに伴う電力危機の発生となった。エネルギーの効率化は、「あったらいいな」から「なくてはならない」に意識が確実に変化していると言えるだろう。データセンタは、消費エネルギーのコントロールと抑制を必須課題として取り組むことが求められている。こうした背景から、本稿では、データセンタにおけるエネルギー効率化の動向とソリューションを紹介する。

データセンタ

※「データセンタ/データセンタにおけるエネルギー効率化」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データセンタ/データセンタにおけるエネルギー効率化」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

金谷 敏尊

シニア・アナリスト 金谷 敏尊(Toshitaka Kanaya)

株式会社アイ・ティ・アール企業サイトへ
アナリストファイル #058

青山学院大学文学部英米文学科卒業後、テレマーケティング会社においてIT分野の調査プロジェクトの企画・運営、オペレーションセンタの顧客管理システム、CTIなどの設計・開発・運用に従事、1999年より現職。現在は、システム運用管理、データセンタ、アウトソーシング、BCPなどの分野を担当し、ユーザ企業におけるIT計画立案、RFP策定、ベンダ選定、ベンチマーキングなどのコンサルティングを数多く手掛ける。



1

エネルギー効率化が求められる背景と経緯

 まず、データセンタにエネルギー効率化が求められる背景について、震災前の状況を振り返ってみる。2000年前後のエネルギー対策といえば、製造業の工場設備での省エネ化、自動車や家電・ハイテク製品などのリユース/リサイクルなどが中心で、ITが環境対策と関連づけて取り上げられることは少なかった。しかし、先進国や新興国を中心にITが普及し、多くの企業がIT抜きにビジネスが立ち行かない今は、ITの電力消費やCO2排出にも目が向けられるようになった。
 IT機器の稼働と冷却には電力が使用されており、この電力を発電するために発生するCO2は、温室効果ガスとして環境に負荷をかけている。しかし、ITに対するエネルギー効率化が重要視されている背景には、現時点の消費量というよりも、IT機器の電力消費が今後急激に上昇すると予測されていることにある。例えば、インターネット/モバイルデバイスの普及、IT適用可能性の拡大、企業活動のグローバル化などが、その要因となる。
 経済産業省の推計によると、日本における2006年のIT機器による年間消費電力は470億kWhで国内発電量の約5%であるが、このままの状況で利用拡大が継続すると、2025年には5.2倍に増加し、国内の総発電量の20%を占めると予測している(図1参照)。更に、世界では2025年には2006年の9.4倍に達し、45,000億kWhを超え、世界の総発電量の15%を占めるとされている。この、2025年の予想消費電力量は、もはや一般的な省電力対策だけで対応できる量ではなく、IT機器や施設に対する専門的な対策が不可欠であることを意味している。

図1 日本及び世界におけるIT機器の電力消費予測
図1 日本及び世界におけるIT機器の電力消費予測
出典:経済産業省/グリーンIT推進協議会のデータを基にITRが作成

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

データセンタ/データセンタにおけるエネルギー効率化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンタ」関連情報をランダムに表示しています。

データセンタ」関連の製品

Barracuda Backup 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウド帳票サービス「OPROARTS」 【日本オプロ】 ERPの重い保守費用をズバッとカットする「クラウドERP」を選ぶべき理由 【日本マイクロソフト】
バックアップツール 電子帳票システム ERP
アプライアンスとクラウドの2重でデータをバックアップ。複数のアプライアンス間でのデータリプリケーションにも対応。低コストでDRサイトが構築できる。 帳票設計、帳票エンジンの機能に加え、帳票用のデータ取得や加工から生成した帳票の外部サービスの受け渡し等、帳票業務に係る機能をトータルで提供するクラウドサービス。 長らく使い込んできたERPの保守費用が成長への投資の足かせになる、という状況に苦しむ企業は少なくない。保守費用を適正化する1つの方法は「クラウドERP」への乗り換えだ

データセンタ」関連の特集


アイデンティティ管理の難しさは、検討段階にある。そこで達成目標の設定や対象システムを絞り込み、導入時…



「社員が外に食べに出なくなった」とウワサの健康的な社食スペースや、驚きの社内映画館に潜入。



2四半期連続のマイナス成長となった国内スマートフォン市場。1位のアップルジャパンは20%以上シェアを…


データセンタ」関連のセミナー

ITフェア2018 in 静岡 【内田洋行ITソリューションズ】  

開催日 5月23日(水)   開催地 静岡県   参加費 無料

『基調講演』13:30〜15:00  講師:経済評論家 上念 司 氏 経済評論家の上念司氏が、登壇します。経済政策の変更は一定のタイムラグをおいて実体経済に波及…

【無償ハンズオン】富士通新クラウド「K5」IaaS体験 【富士通】  

開催日 4月18日(水),6月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、OpenStackをベースとした「K5」のIaaS環境を用いて仮想システム作成方法をお1人様1台の実機にて、操作体験いただきます。オープン技術…

【16PDU】 ITサービスマネジメント実践(移行/運用) 【アイテック】  

開催日 9月6日(木)〜9月7日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 9万7200円(税込)

【概要】中上級者向けであるITILインターミディエイト研修のカリキュラムを整理し、講師が厳選したポイントを絞り込んだ形式で講義します。ワークショップでは、本来O…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データセンタ/ データセンタにおけるエネルギー効率化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データセンタ/ データセンタにおけるエネルギー効率化」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004211


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ