この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

BCP対策に効く「仮想化技術」

2011/08/25


 東日本大震災により日本経済は多大な被害をこうむり、多くの企業が事業継続のあり方を見直すこととなった。企業IT部門にとって、震災の経験を踏まえて事業継続を導くIT環境の備えは、重要課題の1つとして再認識された。とりわけ、「地震対策」、「電力対策」、「在宅勤務」の3つの災害対策は、優先して検討すべき普遍的な課題と言えるだろう。では、いかにしてこれらの課題解決を試みるべきだろうか。多様な手法があげられるが、本稿では技術的な1つの解として「仮想化技術」に着目し、課題解決の方向性を探ってみたい。仮想化は震災前よりコスト抑制など様々な効果を見据えて導入されてきた。しかし、一方では災害対策ソリューションとしての有効性も非常に高く、事業継続の観点から再評価すべき技術でもある。ここでは、震災以降の経営環境における仮想化技術の有効性を改めて整理し、導入の際のポイントについて考察しよう。

仮想化技術

※「仮想化技術/BCP対策に効く「仮想化技術」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「仮想化技術/BCP対策に効く「仮想化技術」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

金谷 敏尊

シニア・アナリスト 金谷 敏尊(Toshitaka Kanaya)

株式会社アイ・ティ・アール企業サイトへ
アナリストファイル #058

青山学院大学文学部英米文学科卒業後、テレマーケティング会社においてIT分野の調査プロジェクトの企画・運営、オペレーションセンタの顧客管理システム、CTIなどの設計・開発・運用に従事、1999年より現職。現在は、システム運用管理、データセンタ、アウトソーシング、BCPなどの分野を担当し、ユーザ企業におけるIT計画立案、RFP策定、ベンダ選定、ベンチマーキングなどのコンサルティングを数多く手掛ける。



1

震災が突き付けた企業ITへの課題

 震災によって企業ITの事業継続性の確保が一段と問われることとなった。震災後にJIPDEC/ITRが実施した「企業IT利活用動向調査2011」によれば、事業継続計画、災害復旧計画の強化・見直しを実施済み/実施予定の企業は50.6%に及ぶ。事業継続に関わる課題は多岐に及び、企業によっては、安否確認システムの装備、サプライチェーンでの企業間情報共有、ネットワーク断線リスクの回避などが喫緊課題となる場合もある。しかし、多くの企業における普遍的な課題としては、「地震対策」、「電力対策」、「在宅勤務」の3つが優先される傾向にある(図1参照)。

図1 震災後の企業ITにおける主要課題
図1 震災後の企業ITにおける主要課題
出典:ITR

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

◆関連記事を探す

仮想化技術/BCP対策に効く「仮想化技術」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「仮想化技術」関連情報をランダムに表示しています。

仮想化技術」関連の製品

総合的なサポート能力の高さで安心して使うことができるHCI製品 【ヴイエムウェア+他】 「ハイパーコンバージド+バックアップ」が成功の方程式、納得の理由は? 【ベリタステクノロジーズ+他】 ゆうちょ銀行が財務会計システム刷新、オールフラッシュで業務スピードアップ 【日本アイ・ビー・エム】
ストレージ仮想化 垂直統合型システム サーバー仮想化
メリットは理解しながらもサポートが心配でハイパーコンバージドインフラに踏み出せない。企業のそのような悩みを解決する製品が注目されている。そのサポート力とは? ハイパーコンバージドインフラの導入に乗り出す企業が相次いでいる。一方で、課題として浮上しているのがデータのバックアップだ。成功を目指す企業が取るべき方策とは。 ゆうちょ銀行が財務会計システム基盤にオールフラッシュストレージを採用。安定稼働するアプリケーションはそのままに、3つの「プラスα」を実現した導入事例を紹介する。

仮想化技術」関連の特集


2015年7月にサポート切れを迎えるWindows Server 2003。今回は、サポート切れに伴…



新たな開発環境として注目されているIaaS/PaaSなどのクラウド開発基盤。アンケート調査を元にクラ…



稼働するサーバ数が少ない中小企業にも“サーバ仮想化のメリット”はある!ハードの老朽化にともなうアプリ…


仮想化技術」関連のセミナー

イケてるSDN提案書を作ろう! NSXネットワーク活用の勘所 【主催:ネットワールド/共催:ヴイエムウェア/ジュニパーネットワークス】 締切間近 

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

既に幅広いお客様に導入されているSDN(Software-Defined Networking)ソリューションを今、どう提案すべきかお悩みの方必見!物理ネットワ…

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise実践セミナー 【ネットジャパン】 締切間近 

開催日 5月31日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Hyper-V仮想環境に最適なバックアップソフト、ActiveImage Protetor Hyper-V Enterpriseは、Microsoft社の仮想化…

仮想化は今や常識、運用時によくある失敗事例とその回避策とは 【ピー・ビーシステムズ/ゾーホージャパン】  

開催日 7月21日(金),9月22日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

●サーバーの仮想化を実施したが原因不明の「何か遅い…」が解決できない●仮想サーバーが増加傾向にあり、管理が煩雑になりつつある●サーバー・ネットワーク統合監視ソフ…

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

仮想化技術/ BCP対策に効く「仮想化技術」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「仮想化技術/ BCP対策に効く「仮想化技術」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3


30004210


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ