スマートフォン導入のリスクとその対策

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

スマートフォン導入のリスクとその対策

2011/07/21


 スマートフォンの業務利用が進んでいる。しかし企業での利用にふさわしい運用管理ルールや管理手法については議論が煮詰まっておらず、むしろ社員の個人所有の機種を一部の業務に利用することを、いわばテストケースとして黙認している場合さえ見受けられるのが現状だ。現在、そしてこれからの、企業におけるスマートフォンの利用はどのように考えるべきか。またセキュリティと運用管理についてどこまで追求できるのか。スマートフォン同様に注目されているメディアタブレットも含めて、最新市場動向と、上手な企業活用のためのヒントを紹介していこう。

スマートフォン

※「スマートフォン/スマートフォン導入のリスクとその対策」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「スマートフォン/スマートフォン導入のリスクとその対策」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

堀 勝雄

リサーチ部門 テクノロジ&サービス・プロバイダー コミュニケーションズ リサーチ ディレクター
堀 勝雄(Katsuo Hori)

ガートナー ジャパン株式会社企業サイトへ
アナリストファイル #054

ガートナー ジャパンにおいて、テレコミュニケーション及びネットワーキング分野に関するアナリスト業務を担当。主に、エンタープライズ・ネットワーキング分野及びエンタープライズ・モバイル分野の動向分析、ベンダ向けの提言、ユーザ企業向けアドバイザリ業務を行っている。ロゴジャパン、BNPパリバ証券会社等を経て、2003年9月より現職。九州大学経済学部卒。



1

日本企業のスマートフォン活用状況

 スマートフォンやメディアタブレットに感染するウイルスの登場や個人所有端末を用いた無許可での社内システム接続の広がりなどを受けて、これら端末のセキュリティや管理に関する議論が最近活発化している。これら端末はもともとコンシューマ向けに開発されていることもあり、企業が安全に利用したり、管理したりできる仕組み作りが後回しとなり、いまだ未成熟なプラットフォームもある。また、主なユーザは個人所有のスマートフォンやメディアタブレットを会社の業務に使う「企業内個人」であることも多く、企業としても、端末を安全に運用していくための管理の視点が抜け落ちている場合が多いのが実情だ。
 しかし企業には個人のものとは比較にならない量の機密情報があり、いったんサービスが停滞すると重大な影響が及ぶ社内ネットワークがある。企業の大切なリソースを損なったり外部に流出させたりするリスクはどんな場合でも最小にすべきだ。ノートPCの場合には企業がセキュリティやコンプライアンスの向上のために様々な施策をとってきた。しかしスマートフォンやメディアタブレットは、いわば、施策の域外に新しく登場した端末だ。個人レベルでできる対策や、端末が備えるセキュリティ機能や情報漏洩防止対策だけでは企業ユースの端末として十分とは言えない。

1-1

止められない「コンシューマライゼーション」

 企業システムやリソースに影響を及ぼさない最も簡単な方法は、リスクを生みそうな端末を業務に「使わない」ことだ。しかし、現実に進行している「コンシューマライゼーション」を止めるのは容易なことではない。個人が利用しているITツールのほうが、企業が利用するITツールよりも利便性が高く、結果的に生産性が高いことが十分あり得るからだ。コンシューマ向けツールを業務にも活用したいという社員の意向を、むげに拒否することはできない。多くの企業はノートPCの普及の際に似たような経験をしているはずだ。現在でも、ノートPCに関しては持ち出しを禁止したり制限したりするポリシーを運用している企業は多いが、スマートフォンやメディアタブレットの活用により、PC持ち出し禁止ポリシーで損なわれた利便性の不足分を埋める働きを期待している企業も多い。
 しかも現在は続々と魅力的な新しい端末が登場してきている最中だ。昨年まではiOS端末が一手に注目を集め、今年はAndroid端末が多数登場して市場を沸かせつつある。来年には新しいWindows Phone(コードネーム“Mango”)端末が新たなブームを巻き起こす可能性も考えられる。こうした流れの中で、スマートフォンやメディアタブレットを業務で利用したい意向は更に高まってくるはずだ。
 それにともなってセキュリティやコンプライアンスについて企業側で対策する必要がますます高まってきている。しかし、現実にスマートフォンやメディアタブレットのセキュリティ及び運用管理ポリシーを説得力のある形で策定し、実装しているケースは稀である。セキュリティや管理以前の問題として、こうした新しい端末をどのように企業システムに位置づけ、業務に利用するのかについての議論が十分に進んでいない企業が多いのも要因の1つだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

スマートフォン/スマートフォン導入のリスクとその対策」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スマートフォン」関連情報をランダムに表示しています。

スマートフォン」関連の製品

中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」 【サイボウズ】 新年度のグループウェア導入・見直しなら1ユーザー月額150円で! 【リスモン・ビジネス・ポータル】 ビジネス専用メッセンジャー direct エンタープライズ版 【L is B】
グループウェア グループウェア その他情報共有システム関連
50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。 ユーザー数344万超のグループウェアdesknet's NEOのクラウド版。1ユーザー月150円(税別)でメール/スケジュール/ワークフローなど25機能が利用可能 現場スタッフと社内のコミュニケーションを素早く安全に行う、マルチデバイス対応ビジネス専用メッセンジャー。
チャットのほか写真・動画・位置情報共有など機能も多彩。

スマートフォン」関連の特集


BYODにおいて忘れてはならないのが通話料金の振り分けだ。最近では“かけ放題定額”などのサービスもあ…



クラウドやBIなどと連携するためのカスタマイズ性を強化することも重視される同市場。拮抗する上位のベン…



サーバーにストレージ、ネットワークやデスクトップ…これら“仮想化”の違い、説明できますか!?今では一…


スマートフォン」関連のセミナー

Web会議サービス「TeleOffice」オンライン体験セミナー 【シャープビジネスソリューション】  

開催日 2月24日(金),3月8日(水),3月21日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

様々なWeb会議サービスから、最適なサービスを選ぶには実際に動作をご体験いただくのが一番です 。「TeleOffice」はPC画面を共有するだけでは実現できない…

スキャナ保存運用を実現!事例・ソリューション紹介セミナー 【主催:NTTデータビジネスシステムズ/共催:ウイングアーク1st】 締切間近 

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

 領収書や請求書のスキャン要件緩和やデジカメ・スマートフォン読み取りなど、いわゆるスキャナ保存に関する規制が大幅に緩和されペーパーレス化への関心が高まっています…

クラウド&モバイル時代に向けたこれからのセキュリティ対策 【富士ソフト】  

開催日 3月8日(水),3月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、クラウド技術の向上、さらにはスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスの普及により、今や「いつでも」「どこでも」業務ができるようになってきております…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スマートフォン/ スマートフォン導入のリスクとその対策」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スマートフォン/ スマートフォン導入のリスクとその対策」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004209


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ