運用でつまづかない!スマートフォン選定術

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

運用でつまづかない!スマートフォン選定術

2011/08/16


 2011年夏以降、各ベンダともスマートフォンの提供に力を入れ、入手できる端末の種類も非常に多くなってきた。スマートフォンの持つ高い端末性能と高機動性は、ビジネスでの活用に期待が持てるうえ、セキュリティ対策や端末管理などの運用面の不安も徐々に解消しつつある。積極的に導入を検討している企業も少なくないはず。しかしその選び方にはまだ諸説ある。そこでここでは、ビジネスでスマートフォンを選ぶ場合、どういったことを考慮しながら端末を選定していけばいいのか、ポイント別に解説していく。なお、スマートフォンの最新事情については「IT製品解体新書」を参照していただきたい。

スマートフォン

※「スマートフォン/運用でつまづかない!スマートフォン選定術」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「スマートフォン/運用でつまづかない!スマートフォン選定術」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

スマートフォンの基礎解説へ


1

スマートフォン選びのポイント

 ほんの1年前まで、Android搭載スマートフォンはまだまだビジネスで利用するスマートフォンとして完成度が高くなかった。しかし、2011年夏モデルでは、Android搭載スマートフォンの完成度は高まり、従来のフィーチャーフォン代替となるまでの機能を搭載してきた。また、auが法人向けAndroidともいえる「3LM」を提供するに至り、企業における導入を検討するとき、すでに「iPhoneか?Androidか?はたまたBlackBerryか?」というような、プラットフォームをベースとする選定ではなくなっているのが現状だ。それでは、選択のポイントはどのようなところにあるのだろうか?順を追って解説していこう。

ポイント1

スマートフォンの利用目的を想定する

 スマートフォンを企業に導入する場合、単純に端末単体のみを導入して運用するケースのほうが少ないと考えるべきだ。「IT製品解体新書」でも解説したとおり、スマートフォンを企業内で運用するには、MDMなどの管理ツールとの連携が必須であるからだ。
 しかし、スマートフォンの利用目的によっては、その管理側のレベルの程度は異なってくる。スマートフォンの運用レベルを大きくわけると、次のようになる。

フィーチャーフォン代替

モバイルノートパソコン代替

業務システムとの連携、独自アプリ運用

■フィーチャーフォン代替

 スマートフォンを、通話を主として使い、ケータイメールアドレスを使って業務メールなどを送受信するような使い方をするのであれば、フィーチャーフォンと同様の管理に加え、MDMツールによる最低限の管理が必要となる。

■モバイルノートパソコン代替

 フィーチャーフォン代替より一歩進んだレベルとして、スマートフォンをモバイルノートパソコンの代替として利用する場合には、企業ドメインのメールを読み書きすることやグループウェアとの連動などが考えられる。この場合、MDMツールでの端末管理に加えて、スマートフォンに保存された各種データの漏洩防止が必須となる。また、メールサーバへの接続設定やグループウェアとの連携設定などを各端末へ施す必要があり、やや煩雑な運用が必要となる。

■業務システムとの連携、独自アプリ運用

 スマートフォンを社内の業務システムと連携させて利用することを考えればよりセキュアな運用が必要となる。社内の業務システムをスマートフォンに対応させる必要がある。また通信環境も、よりセキュアなVPNの利用が必要となることもある。もちろん、端末管理のセキュリティレベルも高くなる。また、独自アプリを開発して利用するとなれば、その配信や管理など、さらに運用に手間がかかることを覚悟したい。

図1 スマートフォンの利用目的と運用ハードル
図1 スマートフォンの利用目的と運用ハードル
企業内でのスマートフォンの使い方によって、運用・管理のレベルが異なる

 スマートフォン端末を選ぶ前に、これらのスマートフォンの利用形態を想定し、その運用にどれだけの準備や投資が必要となるかをまず考える必要がある。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

スマートフォン/運用でつまづかない!スマートフォン選定術」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スマートフォン」関連情報をランダムに表示しています。

スマートフォン」関連の製品

トラスティルグループの事例から、在宅勤務実現のヒントを探る 【NTTコミュニケーションズ】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】 最高のモバイル体験を顧客に提供するための「5つの課題」 【アカマイ・テクノロジーズ】
IP-PBX 勤怠管理システム スマートフォン最適化
在宅勤務制度を自社にどう取り入れるか悩む企業は多い。新たな取り組みゆえに対応すべきことも多岐にわたる。そこで参考になるのが、ある士業グループの取り組みだ。 ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。 最高のモバイル体験を顧客に提供するための「5つの課題」

スマートフォン」関連の特集


 自動車セキュリティ技術の研究開発中にあったことである。「この技術を何と定義したら良いか」 論争にな…



 連載第1回と第2回では、ここ数年でも大きく変化したスマートフォンを取り巻く環境と、その中でも中心的…



今話題の小型・軽量・低価格PC。果たして企業で導入する価値はあるのか?今までとは違う新しいモバイル、…


スマートフォン」関連のセミナー

G Suite(旧名:Google Apps)活用オンラインセミナー 【サテライトオフィス】 締切間近 

開催日 2月6日(月)〜2月7日(火),2月22日(水)〜2月23日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

G Suite を導入する上で、メール機能の有効活用、カレンダーの有効活用、組織管理方法、シングルサインオンなどのセキュリティ強化策、Googleドキュメントを…

最小の負荷で最大の売上を!MA活用セミナー 【ブレインパッド】 締切間近 

開催日 2月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、Web、メール、スマートフォンなどでの顧客行動に合わせて、短期間でのパーソナライズされた顧客へのキャンペーンやアプローチが必要となってきております。しかし…

Web会議サービス「TeleOffice」オンライン体験セミナー 【シャープビジネスソリューション】  

開催日 2月24日(金),3月8日(水),3月21日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

様々なWeb会議サービスから、最適なサービスを選ぶには実際に動作をご体験いただくのが一番です 。「TeleOffice」はPC画面を共有するだけでは実現できない…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スマートフォン/ 運用でつまづかない!スマートフォン選定術」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スマートフォン/ 運用でつまづかない!スマートフォン選定術」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004183


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ