「スマートフォン」の企業導入は怖くない

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

「スマートフォン」の企業導入は怖くない

2011/08/16


 もはや改めて言うまでもなく、携帯電話市場はスマートフォン「iPhone」登場と台頭によりその様相を一変させた。さらに、「Android」搭載スマートフォンを各携帯電話キャリアが投入することによって、スマートフォンの存在感はより大きくなっていった。ここでは、そんなスマートフォンの最新事情とともに、スマートフォンに対応した端末管理ツールやセキュリティ対策の最新情報についても解説していく。なお、スマートフォンの選定に関しては「IT製品選び方ガイド」を参照してほしい。

スマートフォン

※「スマートフォン/「スマートフォン」の企業導入は怖くない」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「スマートフォン/「スマートフォン」の企業導入は怖くない」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

スマートフォンの選び方ガイドへ


1

スマートフォンを解体しよう!

1-1

スマートフォンとは?

 「スマートフォン」とは、ユーザがソフトウェアを自由にインストールして利用することを可能とした携帯電話端末の総称である。携帯電話端末なので、通話することはもちろん、データ通信機能が搭載されているため携帯電話網や無線LANを使った、インターネット接続も可能である。また、タッチパネルや小型カメラなどの高性能なハードウェアも搭載し、各種アプリケーションとともに活用できる。

 ただこの定義であれば、従来から提供されてきた高機能な携帯電話「フィーチャーフォン」のほとんどもその範疇に入る。ではフィーチャーフォンと異なる要素はなにか。それは「OSの明確化」である。ベンダは、各スマートフォンに搭載される“OS名”を製品名に盛り込んだり、スペックシートや製品カタログ上で明確にしたりして、搭載するOSで製品を他製品と差別化している。OSが明確になることで、その端末で“何ができるか”、“どんなアプリを利用できるか”という概要も明らかになる。ユーザにとっては、どのような基本機能を持った端末なのかがすぐに理解できる。
 これはパソコンの製品ラインナップに「Windows」や「MacOS」、「Linux」などのOSが搭載されていて製品展開されているのと同様である。各OSにはそれぞれ特徴があり、パソコンにとっては搭載OSこそが1つの製品特徴となる。
 パソコンでは、例え違うベンダの異なるハードウェアでも、OSによって基本的な操作はほぼ統一される。ハードウェアスペックこそそれほど違わないパソコンでも、搭載されたOSがWindows 7とMacOS Xとでは操作が大きく異なり、導入できるアプリケーションもまったく別物である。逆に、同じWindows 7が搭載されているパソコンが複数台あったとして、それぞれでハードウェアスペックに大きな差はあったとしても、操作体系は同じだし、使えるアプリもほぼ同じである。
 スマートフォンは、まさにパソコンと同様の特徴があるデバイスであるということだ。
 スマートフォンに搭載されたOSは、端末の基本的な操作や機能を統一化し、製品の方向性を決める。Android OSを搭載したスマートフォンと、iOSを搭載したiPhoneでは、ハードウェアのスペックが同等でも、製品としてはまったく別物だ。使えるアプリもまったく別となる。逆に、ハードウェアの仕様は異なっても、Android OSを搭載した端末なら、その操作感はほぼ同じもの、導入できるアプリも同じものである。
 一方でフィーチャーフォンではOSは明示されない。もちろんフィーチャーフォンにだってOSは搭載されている。しかし、フィーチャーフォンにとっては、OSの違いが製品の方向性を決めるのではない。各端末のハードウェアスペックや搭載された機能自体がフィーチャーフォンの製品特徴となるからだ。
 現在、日本で購入・利用できるスマートフォンに採用されているOSは以下のとおりである。なお、各OSのバージョンは7月末日現在のものである。

■Appleが提供するiPhoneの専用OS「iOS」

 Appleが提供するスマートフォン向けOS。「iPhone」に搭載され、操作には主にタッチパネルを使う。現在のスマートフォンで主流となっている、マルチタッチ操作やソフトウェアキーボードによる文字入力というスタイルを定番化させたOSと言えるだろう。最新バージョンは4.3。iOSはAndroid OSとは異なり、複数のベンダの提供する機器に搭載されず、Appleの提供する特定のハードウェアのみに搭載される。また、国内ではソフトバンクモバイルがiPhoneを単独で提供するキャリアである。

■Googleがオープンソースで提供する汎用OS「Android」

 Googleが提供するオープンソースOS。ベースはLinuxとされている。複数のベンダが提供するスマートフォンに採用されていて、各端末に合わせて細かいカスタマイズが施されることが多い。そのため同一バージョンであっても機能的に異なることもある。最新バージョンは2.3だが、製品によって搭載バージョンが異なる。現時点で国内で入手できるスマートフォンに搭載されているのはバージョン1.6、2.1、2.2、2.3である。なおバージョン3.0はタブレット端末向けであり、バージョン4以降はスマートフォン向けとタブレット向けOSが統合されるとされている。

図1 iOSの画面例
図1 iOSの画面例
マルチタッチ操作を念頭に設計されているiOSは直感的な操作が可能であることが特徴。
図2 Androidデスクトップ画面
図2 Androidデスクトップ画面
搭載端末の仕様が微細に異なることと、ベンダによって搭載時にカスタマイズが可能であるため、同一バージョンであってもまったく画面構成が異なる場合が多い。

■RIMが提供するBlackberry専用のOS「Blackberry OS」

 カナダRIM(Research In Motion)社が提供する端末「BlackBerry」シリーズに搭載される。最新バージョンは7.0だが、日本語に対応し国内で利用できるのはバージョン6.0が最新となる。「BES(BlackBerry Enterprise Server)」と呼ばれるシステムに組み込まれることで強固なセキュリティや管理機能を利用できる。

図3 Blackberryデスクトップ画面例
図3 Blackberryデスクトップ画面例
国内BlackBerry Bold 9780に搭載されているOS6.0のホーム画面。タッチパネルを搭載せず、トラックパッドで操作する。
■Windows Phone 7

 マイクロソフトが提供するOS。同社はこれまでスマートフォン向けにWindows Mobileを提供してきたが、それとは基本設計の異なる新スマートフォン向けOSとして投入された(コラム参照)。現バージョンは日本語に対応せず、国内でのWindows Phone 7搭載スマートフォンの発売は見送られていたが、2011年9月に投入が予定されている「Windows Phone 7.5」にて初めて日本語に対応する予定で、同時に国内でも対応端末がauから提供開始される予定。

 現時点では、これらのOSが日本国内で利用できるスマートフォンに搭載されているOSということとなるが、この中でもiOSを搭載したiPhoneとAndroidを搭載した各種Android端末が、スマートフォン市場にてシェア争いを展開しているのが現状である。

Windows MobileとWindows Phone

 マイクロソフトが提供しているスマートフォンOSが「Windows Mobile」だ。iPhoneが登場する以前から、国内ではすでに「W-ZERO3(端末ベンダ:シャープ/提供キャリア:ウィルコム)」のような製品に搭載されてきた。出自がPDA向け組み込みOS「Windows CE」であり、バージョンアップを重ねてスマートフォンOSとして進化した。最新・最終バージョンは6.5である。より携帯電話向けのOSに路線を変更するということで、マイクロソフトは新機軸の「Windows Phone 7」の提供を開始している。カーネルの設計が異なるため以前のWindows MobileとWindows Phone 7との互換性は薄い。これまでのWindows Mobileの持っていた組み込みOSとしての資産は、「Windows Embedded」に引き継がれることとなる。なお日本国内ではWindows Phone 7搭載スマートフォンは未発売で、各キャリアからの提供は2011年第4四半期に予定されている。そのため、本特集ではWindows Phone 7搭載端末については扱っていない。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

スマートフォン/「スマートフォン」の企業導入は怖くない」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「スマートフォン」関連情報をランダムに表示しています。

スマートフォン」関連の製品

クラウド勤怠管理システム Touch On Time(タッチオンタイム) 【デジジャパン】 中規模遠隔会議用スピーカーフォン 『Jabra SPEAK 810』 【GNオーディオジャパン】 テレビ会議システム V-CUBE Box 【ブイキューブ】
勤怠管理システム Web会議 テレビ会議/ビデオ会議
全店舗・事業所の出退勤状況をクラウドで一元管理できる勤怠管理システム。生体認証やICカード、スマートフォン利用など多彩な打刻方法に対応。利用実績は40万人以上。 最大15人の中規模会議に適したスピーカーフォン。コンパクトデザインや直感的な使いやすさ、優れた音声品質により、様々なシーンで生産性の高い遠隔会議を実現。 リモコンで操作ができる会議室設置型のテレビ会議システム。低コストながら高画質・高音質を実現しているため、既存テレビ会議システムのリプレースや拡張にも適している。

スマートフォン」関連の特集


チームが強い営業組織となり、企業の売上に責任をもって貢献するためには営業担当者の成長は必須です。本連…



技術向上により、画像解析は高度なレベルまで対応が可能となりました。そもそも、画像解析とはどのような技…



セキュリティ強化や内部統制対策など、リスク管理にも役立つ「IT資産管理ツール」。基礎知識はもちろん、…


スマートフォン」関連のセミナー

2ヶ月で成果を上げる効果的なモバイルアプリ開発の進め方 【ジェーエムエーシステムズ/日本マイクロソフト】  

開催日 2月1日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

モバイル(スマートデバイス)のビジネス活用が一般的になった今、顧客満足度向上や社員の生産性向上などを担うため、さらにモバイルアプリ活用の重要性が高まっています。…

クラウド管理型無線LANソリューションセミナー※Webinar対応可 【ウォッチガード・テクノロジージャパン】 締切間近 

開催日 1月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

【Webinarでの参加可能】スマートフォン、タブレット端末の普及/業務利用をきっかけに、オフィスでの無線LAN利用は拡大し続けています。国内市場への無線LAN…

SuperStreamで実現する証憑管理セミナー 【スーパーストリーム】  

開催日 1月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

平成27年度、平成28年度の税制改正により、国税関係書類に係るスキャナ保存制度について規制が緩和される事になりました。本セミナーでは規制緩和の内容、制度導入の注…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

スマートフォン/ 「スマートフォン」の企業導入は怖くない」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「スマートフォン/ 「スマートフォン」の企業導入は怖くない」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004182


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ