ビジネスで使う「モバイルルータ」の選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

ビジネスで使う「モバイルルータ」の選び方

2011/07/11


 回線の質・速度、サービスのクオリティ、料金体系の整備などが進み、ビジネスシーンでの利用も広がりつつある「モバイルルータ」。個人が購入する場合に比べて、企業が業務目的で導入し、従業員に配布する場合には、セキュリティやトータルでの通信コストなどの視点がより重要となってくるだろう。
 そこで今回は、ビジネス利用を考えた場合のモバイルルータの製品選定ポイントを、まとめて紹介する。
 また、「IT製品解体新書:モバイルルータ特集」では、モバイルルータの基礎知識、現在使われている主な通信規格、サービス提供事業者の種類、ビジネスシーンでの活用例などを紹介しているので、そちらも併せてご参照いただきたい。

モバイルルータ

※「モバイルルータ/ビジネスで使う「モバイルルータ」の選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「モバイルルータ/ビジネスで使う「モバイルルータ」の選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

モバイルルータの基礎解説へ


1

モバイルルータ導入時のポイント

Point 1

「モバイルルータ」である必然性を確認しよう!

 よく考えれば当たり前のことだが、今回の取材で再認識させられたのは、モバイルルータはあくまで“各種デバイス(=無線LAN対応機器)をネットに接続するための中継機器”に過ぎないということだ。
 そもそもモバイル環境でのネットアクセスを可能にするものとしては、既にPCカード型やUSB接続型のデータ通信機器が存在していた。これを今もノートPCに差して使っているユーザにとっては、特に不便はない。またモバイルルータは充電する必要もある。彼らにとって、絶対にモバイルルータにリプレイスしなければならない強力なモチベーションは存在しないのだ。
 やはりモバイルルータがこれだけ注目を集めるようになったのは、デバイス側の事情に尽きる。iPadのWi-Fiモデルなど、無線LANにしか対応していないデバイスが登場し、さらにこうしたものを業務で利用したいという場合には、必然的にモバイルルータを選択するしかなくなってくる。
 例えば今現在、iPadを社内導入し、従業員に使わせたいという企業では、iPadを3G+Wi-Fiモデルにしてしまうと、配布した人数分の3G回線費用が発生し、これまで使っていたUSB型のデータ通信カードとダブルで通信コストが発生してしまう。そこで、iPadはWi-Fiのみのモデルを採用し、従来のデータ通信カードをノートPCでの利用や複数人での利用が可能な利便性の高いモバイルルータに置き換えることでムダな通信コストを削減する、という流れで利用するケースが出てくる。
 こうしたモバイルルータの利用が必然となってくるのは、iPadのWi-Fiモデルに限らず、Androidを搭載したタブレット端末でも同様だろう。
 またiPadやAndroid端末の利用目的としては、例えば営業担当者が多くの資料を持ち歩くのではなく、訪問先に応じて自社内のファイルサーバにアクセスし、その都度、必要なプレゼンテーション資料を提示するといった業務効率の向上や、在宅勤務を可能にするなどワークスタイル改善への対応、さらには記憶に新しいパンデミックや東日本大震災のような緊急事態発生時に備えたBCP(事業継続計画)の一環として利用する、というように企業によっても様々だろう。各々の重要度に応じて、モバイルルータと企業システム間に求められるセキュリティのレベルも変わってくる。この点については後述する。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

モバイルルータ/ビジネスで使う「モバイルルータ」の選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「モバイルルータ」関連情報をランダムに表示しています。

モバイルルータ」関連の特集


スマートフォンの“最新機種”や“高速通信サービス”を各キャリアごとに整理!企業導入を見据え、企業で使…



モバイル端末の普及で外出中にインターネットアクセスを行うため、急速に需要が高まっている「モバイルブロ…



「Android」搭載スマートフォンを各携帯電話キャリアが投入することによって、ビジネスユースの存在…


「ルーター」関連の製品

SRXシリーズ 【ジュニパーネットワークス】 LTE/3Gモジュール内蔵セルラールーター 『CTL-101JC / CTL-101JE』 【キャセイ・トライテック】 UNIVERGE IXシリーズ 【NEC】
ルーター ルーター ルーター
Junos OSに統合型脅威管理(UTM)と不正侵入防御(IPS)、クラウド/モバイル時代に必須のアプリケーションの“見える化“機能を統合可能な次世代のサービス・ゲートウェイ。 M2M/IoT市場の様々なニーズに対応する無線通信ルーター。LTE/3Gネットワークを介しての無線データ転送機能や回線バックアップ機能を提供する。 各種VPN網に対応する高速アクセスルータ。OpenFlow 1.3.1に対応した「SDN Ready」製品であり、将来のSDNへの移行もスムーズ。

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

モバイルルータ/ ビジネスで使う「モバイルルータ」の選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「モバイルルータ/ ビジネスで使う「モバイルルータ」の選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004175


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ