この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    北野 晴人
    Haruto Kitano
    (特非)NPO日本ネットワークセキュリティ協会
    日本オラクル(株)でデータベース、アイデンティティ管理等セキュリティ製品の販売戦略策定を担当。CISSP Asia Advisory Boardメンバー、情報セキュリティ大学院大学 客員研究員。
2011/06/02
紛失リスクを金額に換算してみよう

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「紛失リスクを金額に換算してみよう」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


情報漏洩インシデント/紛失リスクを金額に換算してみよう」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報漏洩インシデント」関連情報をランダムに表示しています。

情報漏洩インシデント」関連の特集


かわいいマイナちゃんキャラクターの認知も上がり、盛り上がってまいりましたマイナンバー。この新制度への…



情報漏洩事件にまつわる最新データをご紹介。情報漏洩の最も多い業界はどこか?対策の鍵となるアイデンティ…



たった一通のうっかりミスで、クビはおろか企業存続の危機に…。その前にメール誤送信による被害事例と対策…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

サイバー攻撃を防ぐのはムリ? これからは“その後”の対応力がポイントに 【オープンテキスト】 2020年に向けた国の新しいサイバーセキュリティ戦略に、企業はどう対応すべきか 【電通国際情報サービス】 侵入されても実行はさせない、進化するマルウェアの被害を防ぐ革新的アプローチ 【アイティーエム】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
どれほどの対策を講じても、進化し続けるサイバー攻撃による侵害はゼロにはできない。これからのセキュリティ対策は、侵害を前提とした対策が必要だ。 2020年に向けた国の新しいサイバーセキュリティ戦略に、企業はどう対応すべきか 侵入されても実行はさせない、進化するマルウェアの被害を防ぐ革新的アプローチ

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 第2回は、インシデントの経年変化のデータを用いて、第1回よりももう少し掘り下げた分析結果を解説する…



 前回は、情報漏洩事件の増加と個人情報保護法の施行、それに伴い活発化した企業における情報セキュリティ…



 90年代後半、パソコンの普及をみて「パソコンはもはや家電である」と感じたものだ。あれから十数年、「…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004160


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ