この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    大谷 尚通
    Hisamichi Ohtani
    (特非)NPO日本ネットワークセキュリティ協会
    セキュリティ被害調査WG リーダ。(株)NTTデータで各種セキュリティシステムの研究開発やコンサル等に従事。情報漏洩の被害調査や被害の定量化について活動中。
2011/05/26
社員が紛失や誤送信する確率

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「社員が紛失や誤送信する確率」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


情報漏洩インシデント/社員が紛失や誤送信する確率」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報漏洩インシデント」関連情報をランダムに表示しています。

情報漏洩インシデント」関連の特集


 平成17年に個人情報保護法が施行され、企業・自治体においては個人情報管理の体制作りが加速してきた。…



たった一通のうっかりミスで、クビはおろか企業存続の危機に…。その前にメール誤送信による被害事例と対策…



漏洩人数や賠償金額など、情報漏洩の最新事情を確認。また、ツールを用いたセキュリティの高い文書管理の方…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

行動分析ソリューション「察知くん-G」 【ギガ+他】 多層防御では防ぎきれない――3つの無害化でエンドポイントを脅威から守る方法 【アシスト】 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
企業内のログデータや管理情報を統合的に分析し、不正につながる従業員の行動(リスク行動)をAIが検知し、アラート・分析レポートを提供する。 多層防御では防ぎきれない――3つの無害化でエンドポイントを脅威から守る方法 インフラ構築時の重要課題、“後付けセキュリティ”の弊害とは?

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 独立行政法人 情報処理推進機構(略称IPA)は、2012年10月30日に『標的型攻撃メールの傾向と…



パスワードに依存しないオンライン認証方法として注目を集めるFIDO。ユーザーのメリットもさることなが…



PC入れ替えの際、古いPC内のデータを“完全消去”できていますか?初期化しても、結局HDDにはデータ…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004159


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ