パソコン紛失のリスクは社内にあり!?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    田中 洋
    Tanaka Hiroshi
    (特非)NPO日本ネットワークセキュリティ協会
    株式会社インフォセック所属。企業グループにおける情報セキュリティガバナンスのコンサルティングに従事。オープン系システムにも精通し、セキュリティ診断・システム監査および技術支援も担当する。
2011/05/19
パソコン紛失のリスクは社内にあり!?

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「パソコン紛失のリスクは社内にあり!?」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


情報漏洩インシデント/パソコン紛失のリスクは社内にあり!?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「情報漏洩インシデント」関連情報をランダムに表示しています。

情報漏洩インシデント」関連の特集


 個人情報漏洩インシデントの現状とこれまでに収集したデータから、インシデントと対策の傾向、個人情報漏…



情報漏洩から企業を守るDLPツール。運用管理に膨大な負荷がかかっていた昔とは違い、現実的な運用を前提…



PC入れ替えの際、古いPC内のデータを“完全消去”できていますか?初期化しても、結局HDDにはデータ…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】 MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説 【シトリックス・システムズ・ジャパン】 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。 MDMの不足をどう補う? モバイルセキュリティに必須の補完テクノロジーを解説 これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 前回は「自動車の情報セキュリティ」が必要となる背景について説明した。今回は、実際に自動車の情報シス…



データを分割することで情報漏洩リスクを軽減できる「電子割符」。どんな仕組みなのか、その基礎知識から最…



社員のセキュリティ意識とリテラシの不足をどう埋めていけるのか?セキュリティリテラシを向上させる様々な…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004158


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ