この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

UPS

2011/05/31


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、UPSのシェア情報をご紹介しよう。

※「UPS/「UPS」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「UPS/「UPS」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

UPSの選び方ガイドへ
UPSの基礎解説へ

 富士キメラ総研の調べによれば、2009年度のUPSの国内市場規模は数量が56万2000台、金額が247億円であった。2009年は不況にともなう消費減退により、市場規模は大幅に縮小した。2010年以降は景気がやや回復傾向にあることから復調が予測される。長期的にはデジタル家電などホームユースの需要喚起が市場拡大の鍵となろう。また、低価格を訴求するメーカーの進出も見られ、製品価格は下落傾向を辿ると予測される。
 2009年度の国内市場占有率を見ると、数量で1位のベンダが49.8%を獲得し、金額でも44.5%で1位であった。次いで、数量で2位のベンダが17.8%、3位のベンダが12.5%と続いている。トップシェアを確保する1位のベンダを除いて、国産メーカーがシェア上位を占める市場構造になっている。
 なお世界市場では、中国/インド/南米/中東などの新興国が世界のUPS市場の成長を牽引している。とりわけ中国は北京オリンピックや上海万博などの国際イベントが相次いで開催されたことで、サーバ等コンピュータ機器の導入とともにUPSの導入が積極的に進められている。一方欧米や日本などの先進国は、リーマンショックの影響から2009年に大幅な市場減退を見た。2010年は投資回復にともなう市場の再活性化が期待されるが、本格的な復調にはなお時間を要するものと見られる。
 なお、本調査の市場見込・予測では、東日本大地震による影響は織り込まれていない点に注意されたい。

UPSシェア

UPSシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

UPS/「UPS」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UPS」関連情報をランダムに表示しています。

UPS」関連の製品

クオリサイト沖縄データセンター 【クオリサイトテクノロジーズ】
ハウジング
行政施策を最大限に活用した圧倒的なコストパフォーマンスにて、コロケーション・ハウジングサービスや、監視・運用代行サービスなどを要望に合わせて提案。

UPS」関連の特集


既に多くの企業で導入済みとなっているUPS。そして、現在、UPSの導入を検討するきっかけになっている…



量販店で売れている人気製品はどれ?今月はセキュリティソフトの売れ筋を調査!



安定した電力供給を期待できない今、UPSの真価が問われています。間違った機種選びで取り返しがつかなく…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

UPS/ 「UPS」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「UPS/ 「UPS」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004155


IT・IT製品TOP > サーバー > UPS > UPSの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ