キリン「プライベートクラウド」構築事例

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/01/18
システム部門の羅針盤「実録!プライベートクラウドの作り方」

キリンビジネスシステム株式会社
情報技術統括部●インフラ技術管理グループ●担当部長吉田幸博氏 設立:1988年
本社所在地:東京都渋谷区

キリンビールやメルシャン、小岩井乳業などを事業会社に持つキリンホールディングスの中にあって、グループにおける全体最適を目指したIT戦略を推進するキリングループ唯一の情報システム会社。物流・生産システムや営業システムをはじめ、グループ全体のIT共通基盤整備を請け負っており、キリングループにおけるIT戦略の中核を担っている。

プライベートクラウド導入のきっかけとその手順

キリンビジネスシステムがグループ全体のインフラ整備に乗り出したのは2000年頃。老朽化したサーバやPCなどを刷新していくタイミングに合わせ、サーバOSのアップグレードやActive Directoryの整備、ポータル導入などシステム基盤の変更が行われることになったと同社情報技術統括部 インフラ技術管理グループ 担当部長の吉田氏は当時を振り返る。

【中西】 現在のプライベートクラウド基盤を整備されたきっかけを教えてください。

編集長:中西由紀

【吉田】 2000年に行われたシステム刷新の過程で、将来像についての議論がグループ全体で持ち上がりました。同じ環境を作ることで仕事の効率が向上し、システム面でも共通基盤化したほうが横展開しやすいという考え方がコンセプトとしてあったのです。そこで、まずはキリンビールが使っているシステムを確認し、使えるサービスや情報インフラを洗い出しました。その後、ネットワークやファイルサーバ、PC関連などオフィスワークに必要最低限な機能を標準化し、グループ企業各社のインフラ更新に合わせて変更していったのがきっかけです。

【中西】 現在はサーバインフラも含めてクラウド基盤上で構築されていますが、業務系サーバの統合についてはどんなタイミングで実施していったのでしょうか?

【吉田】 当初はクラウド基盤を意識したことはありません。PCやファイルサーバの共通化によりインターフェースの整理も自然と図られ、キリンビールを主としたアプリケーションを他の事業会社でも利用できる土台が出来上がってきました。またグループ内での共通化の推進も進めていたことで、ユーザの情報インフラに対する認知度の高まりや広がりもあり、業務アプリケーションについても一部開放していくようになったのです。そこでサーバインフラそのものを統合していこうという流れが出来上がっていきました。

吉田幸博氏

【中西】 ユーザ要望から今の基盤作りの基礎が始まったということですね。

【吉田】 ユーザ要望も重要な要素です。我々が事業会社のインフラ運用を開始してから「こんなアプリケーションを導入したい」という要望が直接届くようになり、その都度各ベンダと調整しながら安価なWindowsサーバを導入していったのです。小粒ながらサーバ数が増え始め、さらにその導入スピードの速さが求められるケースもありました。ただ、たとえ安価なサーバであっても、手配から環境整備までには最低でも1ヵ月あまりは必要となってしまいます。その頃から、ホストやUNIXのように、1つのリソースを使って複数の環境が提供できるインフラがあればユーザの要求に迅速に応えられるのではないかと考え始めました。そこで、2003年頃より仮想化ツールの検証を開始することに。まだ候補になる製品もあまりなく、2製品しか対象にしていませんでしたが、約半年ほど製品検証をしています。

【中西】 当時苦労されたことはありますか?

【吉田】 単一サーバのほうが性能的なメリットがあるのは当然ですし、さらに仮想化によるサーバ統合によって障害発生時の切り分けが困難になってしまうのではなど、いろんな想定をしました。しかしそれでは話が前に進まないため、まずは単一で動いている15台のサーバをターゲットに、VMwareの導入を2004年から開始することにしました。また、別途10台程度の仮想サーバが動かせるサーバリソースを準備しておき、新たなアプリケーションの要求が出てきた段階で、仮想上でまずは動かしてもらうことにしました。仮想化の目的はサーバ統合ではなく、“レガシーシステムの移行先”“現象テストが行える程度の安価なサーバを提供する”“短期間にシステム導入を行う”というものだったのです。

このページの先頭へ

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

プライベートクラウド/キリン「プライベートクラウド」構築事例」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「プライベートクラウド」関連情報をランダムに表示しています。

プライベートクラウド」関連の製品

事例で検証! Office 365 はコミュニケーション活性化の切り札か 【大塚商会/日本マイクロソフト】 ネットワークインフラの構築でユーザー企業が注目すべきポイント 【丸紅OKIネットソリューションズ】 クラウド開発基盤 Web Aviator(PaaS) 【キヤノンITソリューションズ】
グループウェア ネットワーク管理 開発環境/BaaS
Office 365 導入後を追跡 社内コミュニケーションはどう変わる? 「使えて当然」になりつつある企業ネットワーク。信頼性確保のために、ネットワークインフラベンダーとの連係は必須だ。しかし、その「違い」はどこで分かるだろうか。 クラウドやオンプレミスで稼働させるWebアプリケーションの開発、検証、本稼働を迅速に行えるクラウド開発基盤。クラウド&標準技術&GUIツールでスピード開発を実現。

プライベートクラウド」関連の特集


クラウドの利用拡大へ向けて、データセンタでは現在、自社の設備や体制に対してどのような取り組みを進めて…



2016年度のグループウェアの市場規模は1047億円と見込まれる。SaaS型製品で71.3%ものシェ…



2012年に入って数多く登場している「垂直統合型システム」。最適な構成をセットで提供するこの仕組み、…


プライベートクラウド」関連のセミナー

クラウドコンピューティングファンデーション試験対策研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 1月20日(金),3月15日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 5万3136円(税込)

本研修は、ITプロフェッショナルを対象にクラウドコンピューティングの基礎知識を学習し、オランダEXINが配信している国際資格「クラウドコンピューティングファンデ…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

プライベートクラウド/ キリン「プライベートクラウド」構築事例」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「プライベートクラウド/ キリン「プライベートクラウド」構築事例」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004105


IT・IT製品TOP > データセンター > プライベートクラウド > プライベートクラウドのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ