この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

また失敗したの?と言われる前に セキュリティ登龍門50

最新型ウイルスの現状と対抗策

2011/06/21


 前回のケースファイル編では震災や原発事故との関連を匂わせた偽情報メールを使ってウイルス感染を図る手口をはじめ、最近目につく攻撃の特徴を紹介し、そうした攻撃がアンチウイルスツールのパターンマッチングでは防げなくなっている問題を指摘した。今回の記事では、最新のウイルス状況を統計データで確認したうえで、最近のウイルスに「どうしたら対策できるのか」を考えていく。アンチウイルスツールのウイルス検出率のデータも合わせてご覧いただきたい。

アンチウイルス


1

複合的に組織の情報システムを攻撃するウイルスが増加中

1-1

メール経由で感染するマスメーリングウイルスが未だに現役

 前回は、震災や原発事故に関連したメールを装い、ウイルスである添付ファイルを実行させる攻撃の例を紹介した。読者のなかには、未だにメールでウイルス感染する例があるのかと呆れた方もおられるかもしれない。実際、メールを利用して感染を図るウイルスは古くからあり、対策も進んでいる。しかし、亜種が次々と出てくることもあり、根絶にはほど遠いのが現状だ。その一端は、IPAへのウイルス届出状況からもわかる。図1に掲げるのは、昨年1年間にどのウイルスがどれだけ検出されたのかを月別に集計したものだ。

図1 ウイルス別検出数の推移(2010年1月〜12月)
図1 ウイルス別検出数の推移(2010年1月〜12月)
資料提供:IPA

 このグラフからひと目でわかるのは、2004年に大規模感染を引き起こした悪名高いW32/Netskyが、未だに圧倒的に多く検出されていることだ。その棒のすぐ上に示されているのは、やはり同年に流行したW32/Mydoomで、毎月ほぼ一定の割合で検出されている。W32/Netskyは感染するとPC内のメールアドレスを収集して、それを宛先にして自分自身(ウイルス)を添付ファイルにしたメールを送る、いわゆる「マスメーリングウイルス」の代表格。W32/Mydoomは同様の大量メーリングを行うほか、システムにバックドアを作成して外部からの操作を可能にする機能も備えている。どちらもDDoS攻撃に利用されたことでも知られる。こうした「古い」タイプのウイルスも、実はまだまだ現役なのだ。

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「最新型ウイルスの現状と対抗策」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


関連キーワード

アンチウイルス/最新型ウイルスの現状と対抗策」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

アンチウイルス」関連の製品

米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ 【シマンテック】 機械学習やAPIで強化された「エンドポイントセキュリティ」の現在形とは 【シマンテック】 IT資産/セキュリティ統合管理システム ManagementCore 【住友電工システムソリューション】
アンチウイルス アンチウイルス IT資産管理
米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ あらゆる企業がサイバー攻撃の標的となる中、情報漏えいなどの実害を防ぐためには、従業員の手元にあるエンドポイントの保護が重要になるという。その理由と対策とは。 資産管理からセキュリティ対策、検疫まで1システムで行える統合管理ツール。
ニーズに応じ段階的な導入が可能。IT資産の把握、監視、統制による健全なシステム環境を実現。

アンチウイルス」関連の特集


 SophosLabs (ソフォスラボ) では、Android デバイスを標的とする新しいランサムウ…



先日起きた証券会社の顧客情報流出事件では、慰謝料が5億円!情報が闇市場で取引される時代。情報資産を守…



 前回は、クラウドコンピューティングによる新しいウイルス対策の手法を紹介した。今回はウイルス対策ベン…


アンチウイルス」関連のセミナー

Beyond AV Tour @東京 【サイバネットシステム/カーボンブラック】  

開催日 8月2日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

サイバーセキュリティの調査機関によると外部からの攻撃による情報漏洩の47%がマルウェアを利用しており、残り53%の攻撃はマルウェアを利用しない「非マルウェア攻撃…

AIアンチウイルスCylancePROTECT(R)徹底解説セミナー 【テクマトリックス】  

開催日 8月9日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

6月に開催されたInterop Tokyo 2017で、約3000人が目の当たりにしたAIアンチウイルスCylancePROTECTと既存アンチウイルスの検知比…

CylancePROTECT ご紹介セミナー 【日立ソリューションズ】 締切間近 

開催日 8月2日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

 増え続けるサイバー攻撃。特にマルウェアによる攻撃は増加の一途をたどっています。 また攻撃手法も巧妙化が進み、新種や亜種も続々と現れています。ネットワークセキュ…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004084


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ