この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/05/20
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#090厳格な発明者「RDBの父」 〜エドガー・F・コッド氏

 コンピュータのシステムにおいては、データベースは欠かせない要素の1つだ。そしてデータベースシステムのほとんどには「リレーショナルモデル」が採用されていることはご存じのことだろう。リレーショナルモデルの歴史は、実はとても古い。その理論が公表されたのは、今から40年も昔の1969年のことである。今回は、そんなリレーションデータベースを発明した、エドガー・F・コッド氏(以下敬称略)を紹介しよう。

 コッドは1923年、イングランドにて誕生。オックスフォード大学で数学と科学を学び、第2次世界大戦後の1948年にアメリカへ移住。そしてIBMに入社し、あの超巨大コンピュータ「SSEC」のプログラマとして様々なプロジェクトで活躍した。彼はIBMに勤務しながらミシガン大学へ入学し、1967年にコンピュータサイエンスの博士号を取得。その後はIBMのサンノゼ研究所にてデータマネジメントシステムの研究に携わることとなった。

エドガー・F・コッド氏
1923年
イングランド・ポートランドにて誕生。
1948年
アメリカに移住。IBMに入社する。
1963年
ミシガン大学にてコンピュータサイエンスの博士号を取得。
1969年
IBMサンノゼ研究所にてリレーショナルモデルの論文を発表。
1981年
IBMから初のリレーショナルデータベース製品「SQL/DS」発売。
2003年
心不全で死去。享年79歳。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 厳格な発明者「RDBの父」 〜エドガー・F・コッド氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 厳格な発明者「RDBの父」 〜エドガー・F・コッド氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004056



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ