赤字11兆円の舞台ウラ…AOLの栄光と挫折

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/05/13
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#089ネット人口爆発の立役者でありAOL創設者〜 スティーブ・ケース氏

 「You've Got Mail!」のメール受信音で一斉を風靡したAOL。その社名を耳にして、懐かしく思う人も少なくないだろう。いやいや、同社は現在もきっちりISP事業を継続している。ただ、残念ながら一時期ほどの勢いはない。超巨大ISPとして全世界を席巻しただけではなく、タイム・ワーナーの買収劇によってインターネットが新聞やテレビと肩を並べられる、「メディア」としての存在であることを示したAOL。今回紹介するキーマンは、そんなAOLの創業者であるスティーブ・ケース氏(以下敬称略)である。

 ケースは幼少の頃から商売に興味を持ち、自宅で1杯2セントのライムジュースを販売したり、近所の家庭やオフィスの文書配達を請け負ったりしてちょっとした稼ぎを得ていた。大学に進学しても特にITに興味を持つようなこともなく政治学を学んで、その後はP&G社やペプシコ社に勤務し、主にマーケティング部門で活躍した。その頃になってようやくコンピュータに興味を持つ。

スティーブ・ケース氏
1958年
アメリカ・ハワイ州にて誕生。
1979年
ウィリアム・カレッジ卒業後、P&G社、ペプシコ社などでマーケティング業務に携わる。
1983年
Quantum Computer Service社を設立。
1989年
社名をAOLに変更する。1992年にIPOを果たす。
2000年
タイム・ワーナー社と合併を発表。AOL・タイム・ワーナー社に。
2003年
987億ドルの赤字を出し、同社CEOを退任。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ ネット人口爆発の立役者でありAOL創設者〜 スティーブ・ケース氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ ネット人口爆発の立役者でありAOL創設者〜 スティーブ・ケース氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004055



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ