カセットテープに記録!世界初のデジカメ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/04/28
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#087撮影+再生に約1分!?デジカメ発明者 〜スティーブ・サッソン氏

 2011年現在、記録媒体にフィルムを採用している、いわゆる「銀塩カメラ」を使って写真撮影しているのは、一部のプロやハイアマチュアぐらいではないだろうか。言わずもがな、静止画を記録する機材は、デジタルカメラが主流となっている。

 ところでデジタルカメラが誕生したのはいつだろうか。世界初の一般向けデジタルカメラ、カシオ「QV-10」が発売されたのが1995年のこと。そこから一気に普及が進んだが、実際に撮影可能なデジタルカメラが発明されたのは、そこからさかのぼること20年、1975年のことだ。今回はそんなデジタルカメラを発明した、スティーブ・サッソン氏(以下敬称略)をキーマンとして紹介しよう。

スティーブ・サッソン氏
1950年
アメリカ・ニューヨーク州にて誕生。
1973年
イーストマン・コダック社にて、デジタルカメラの開発に取り組み始める。
1975年
世界初となる、フルデジタルのフィルムレスカメラ「デジタルカメラ」が完成する。
1978年
デジタルカメラについて、アメリカ特許を取得。
2010年
アメリカ国家技術賞を受賞。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 撮影+再生に約1分!?デジカメ発明者 〜スティーブ・サッソン氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 撮影+再生に約1分!?デジカメ発明者 〜スティーブ・サッソン氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004053



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ