この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/04/22
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#086「クラウド」名付け親の華麗なIT業界遍歴とは!?〜エリック・シュミット氏

 ここ数年、ブロードバンドネットワークの普及とともにITの世界で一般的となった技術に「クラウド・コンピューティング」あるいは単に「クラウド」と呼ばれるモノがある。この「クラウド・コンピューティング」の呼び名を世界で初めて提言した人物をご存じだろうか。

 その人物こそ、今回取り上げるキーマン、エリック・シュミット氏(以下敬称略)である。クラウド・コンピューティングを提言した時、彼はGoogleのCEOであった。つい先日(2011年4月4日)その役目から退いて会長に就任した。そこに至るまでの彼は華麗なIT人生を歩んできた。そんな彼について紹介していこう。

 シュミットは、高校卒業後はプリンストン大学を経てカリフォルニア大学バークレー校にて電気工学修士号と計算機科学博士号を取得した。

エリック・シュミット氏
1955年
米・ワシントンDCにて誕生。
1982年
プリンストン大学を経てカリフォルニア大学バークレー校にて電気工学修士号、計算機科学博士号を取得。
1983年
パロアルト研、ベル研、ザイログ社などを経てサン・マイクロシステムズ社へ入社。
2001年
Googleに入社してCEOに。
2006年
「クラウド・コンピューティング」を提唱。
2011年
前年のGoogle中国撤退を発端としてCEOから会長職へ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 「クラウド」名付け親の華麗なIT業界遍歴とは!?〜エリック・シュミット氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 「クラウド」名付け親の華麗なIT業界遍歴とは!?〜エリック・シュミット氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004052



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ