パソコン全否定で転落…DEC設立者の人生

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/04/15
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#085パソコンなんて要らない!その結末は?DEC設立者 〜ケン・オルセン氏

 1950〜60年台、コンピュータといえば「メインフレーム」と呼ばれる巨大なシロモノが普通だった。価格が数億円以上の上、専用の冷却ルームで本体を冷やしながら専任のオペレータを介してしか操作ができない、なんとも使いにくい機械だった。そんなメインフレーム全盛の中、DEC(Digital Equipment Corporation)が、1960年に送り込んだ「PDP-1」は、コンピュータ文化を一変させるほどの1台となった。ということで今回は、そのDECの創立者、ケン・オルセン氏(以下敬称略)をキーマンとして取り上げる。

 オルセンは子供の頃から無線に興味を持ち、廃品などから無線機の工作をしていた。高校卒業後は無線や電子工学を学ぶため海軍に入隊する。実際に海軍では通信業務に従事し、1946年の除隊後には帰還兵としてラジオ工場で働きながら大学進学を目指した。そして1947年、念願のマサチューセッツ工科大学(MIT)へと入学する。

ケン・オルセン氏
1926年
米・コネチカット州にて誕生。
1944年
アメリカ海軍へ志願入隊。
1947年
海軍を除隊後、MITへ入学。電気工学の修士号を取得。
1957年
DECを創業。
1960年
ミニコン「PDP-1」を発売。
1978年
ミニコン「VAX」を発売。
1992年
DECのCEOを退任。2011年に死去。享年84歳。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ パソコンなんて要らない!その結末は?DEC設立者 〜ケン・オルセン氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ パソコンなんて要らない!その結末は?DEC設立者 〜ケン・オルセン氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30004051



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ