業務効率を上げるグループウェアの選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

業務効率を上げるグループウェアの選び方

2011/06/20


 多くの企業で導入され活用されているグループウェア。最近は製品ラインナップが増えているだけでなく、搭載している機能も豊富になり、その選択に戸惑うことが多くなってきた。また、すでに導入済みのグループウェアのアップグレードやリプレースを検討し始めている企業も少なくない。さらに、オンプレミスからSaaSに、あるいはその反対への移行で悩んでいる企業もある。そこで、今回はグループウェア選びで重要となるポイントや注意点について詳しく解説する。

グループウェア

※「グループウェア/業務効率を上げるグループウェアの選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「グループウェア/業務効率を上げるグループウェアの選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

グループウェアの基礎解説へ


1

グループウェア選びのポイント

1-1

企業規模によってグループウェアをどう選ぶべきか?

 小規模の企業でグループウェアを導入する場合と、中規模あるいは大規模の企業でグループウェアを導入する場合とでは、検討すべき内容が異なってくる。
 例えば、小規模で使っているときには気にならないパフォーマンス(各機能のレスポンスなど)が、大規模で使い始めると気になり始める場合がある。また、全社規模で導入するケースが多いグループウェアでは、ITリテラシーのバラツキで使いこなせないユーザが増えないよう、ユーザインターフェースの使いやすさにも十分配慮する必要がある。

■小規模(10〜100人)

  お互いの業務状況やスケジュールなどを把握し切れなくなる、10〜20人以上の従業員規模からは、グループウェアの出番だと考えて良い。まず重宝するのがスケジュール共有やファイル共有の機能なので、「情報の共有」(IT製品解体新書を参照)に役立つ各種機能の充実度について確認しよう。

■中規模(100人〜500人)

 この規模になると、グループウェアの導入メリットが顕著になってくる。この場合、「情報の共有」に加えて、設備予約機能、備品管理機能、ワークフロー機能などの「業務の効率化」に役立つ機能(IT製品解体新書を参照)が重要になる。

■大規模(500人〜)

 大規模になればなるほど、ユーザインターフェースの使いやすさは大きな選択ポイントになる。例えば、画面をいちいち切り替えていかなくても、同じ画面でクリックするだけで1つの処理を完了できるか確認しよう。また、「情報の共有」「業務の効率化」に加えて、電子会議室機能や回覧・レポート機能などの「知識の共有」に役立つ機能(IT製品解体新書を参照)の充実度も重要になる。さらに、社内コミュニケーションを活性化させる上で、社内SNSや社内ブログ、社内wikiなども効果的なので、ソーシャル系技術(IT製品解体新書を参照)のサポート状況を確認しよう。

コラム:SFA、CRM、ERPとのシステム連携も要チェック!

 グループウェアを導入している企業では、同時にSFAやCRM、ERPなどのツールも同時に使用しているケースが多いが、このときグループウェアの検討ポイントとして重要になってくるのは、SFAやCRM、ERPとのシステム連携だ(図1)。
 例えば、共通認証をサポートしている製品では、グループウェアにログインするだけでSFAやCRMにもアクセスできるようになる。また、グループウェアのスケジュール共有機能に登録された予定とSFAツールのスケジュール機能を連携させることで、営業活動報告を漏れなく作成できるようになる。さらに、SFAの顧客管理とグループウェアのレポート機能を連携することで、顧客情報と連動させながらレポート内容を確認できる。

図1 グループウェア+SFA+CRMを一体運営
図1 グループウェア+SFA+CRMを一体運営
資料提供:ブランドダイアログ株式会社

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

グループウェア/業務効率を上げるグループウェアの選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

グループウェア」関連の製品

【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点 【セールスフォース・ドットコム】
データベースソフト グループウェア SFA
ユーザー部門のシステム自前導入は危険 Webデータベース導入で運用を改善 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点

グループウェア」関連の特集


会社の中にはいろいろな伝票や書類が存在しますが、会社の規模が大きくなるに従ってこうした紙による書類の…



情報漏洩は他人事ではない。不正アクセスやウイルス感染が原因となり、損害賠償の支払いや企業イメージが傷…



日本で約420万人に利用されているSkype。セキュリティの点で企業ユースでは敬遠されがちですが、実…


グループウェア」関連のセミナー

Microsof Office365ソリューションサミット2017ファイナル:大阪 【主催/共催:カコムス/クオリティア/ネクストセット/プリンストン 後援:日本マイクロソフト】  

開催日 11月2日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

Office365の特別なイベント「Office365 ソリューションサミット2017 〜2017ファイナル総括版〜 」を、2017年11月2日(木)にMicr…

メジャークラウド(G Suite、Office 365)活用セミナー名古屋 【サテライトオフィス/ネクストセット】  

開催日 11月10日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

サテライトオフィス / ネクストセット がお薦めする、メジャークラウドを一挙にご説明いたします!<G Suite (旧名:Google Apps for Wor…

【オンライン開催】クラウドで生産性向上セミナー 【主催:KDDI/共催:ワークスモバイルジャパン/KDDIまとめてオフィス】  

開催日 11月15日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

国内SNSで多く利用されている『LINE』の法人版「LINE WORKS with KDDI」を、活用事例とデモンストレーションを交えてご紹介させていただきます…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グループウェア/ 業務効率を上げるグループウェアの選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グループウェア/ 業務効率を上げるグループウェアの選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004040


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ