進化するBIツール導入のための6つの視点

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

進化するBIツール導入のための6つの視点

2011/06/13


 企業活動の現状分析だけでなく、将来予測にまでその利用シーンが広がっているBIツール。しかし今回ベンダやSIerの取材を通して見えてきたのは、全てのユーザ企業が必ずしもBIツールの導入前に、その利用イメージを明確に持っているわけではないということだ。そこで今回はこうした現状を踏まえて、どういう手順でBIツールの導入を進めていけばいいのかを考えていく。
 また「IT製品解体新書」では、BIツールの概要説明に加え、ツールの進化の状況、現在のクラウドサービスなどについて紹介しているので、そちらも併せてご覧いただきたい.。

BIツール

※「BIツール/進化するBIツール導入のための6つの視点」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BIツール/進化するBIツール導入のための6つの視点」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

BIツールの基礎解説へ


1

BIツール導入時の注意ポイント

Point 1

何のために、どのようなBIの仕組みを構築するのかを“詰めていく”

 現在、既にBIツールを利用している大手企業などは、自社が今後何をやりたいのか、あるいは今使っているBIツールの何が問題なのかが見えている。こうした場合、当然コストとの兼ね合いはあるが、求める要件を満たす他の製品を探し、リプレイスを行うことなどでBI活用を進化させていくことができる。
 しかしこれからBIに取り組もうと考えている企業には、何から着手すればいいのか分からないという悩みがあるようだ。今回の取材でも、“BIツールを購入したい”と直接的に問い合わせてくる新規導入のユーザ企業はほとんどいないとのことだった。
 では、一からBIツールを導入しようと考えている企業は何から始めればいいのだろうか。ここで、その企業が属している業界の事情が大きく関係してくることになる。
 例えば金融や医療など、既に各種のデータ分析手法が確立している分野がある。いわばデータ分析やその精度が、自分たちの生き残りを左右するような業界だ。前者ならATMからのトランザクションデータ、後者なら患者のカルテの情報などが分析対象となる。こうした業界では、BIツールの導入事例もかなり貯まっているという。そこでベンダやSIerが持つ競合他社の様々な先例を参考にして、自社のやりたいBIを“探し出せば”いい。これは既にBIツールを使っている企業でも有効だろう。まだ自分たちが気付いていないような先進的な使い方をしている会社があるかもしれない。その知恵を借りて自社のBI活用を広げていくことができる。
 一方、データ分析という考え方があまり根付いていない業界では、多くの場合、“日々データが溜まっていくのだが、それをうまく活用できないか”という相談から始まる場合が多いようだ。つまりBIをやりたいというよりも、溜まっていくトランザクションデータを活用したいという発想なのである。
 そこでベンダ側が“何がしたいんですか?”と尋ねると“何ができるんですか?”と聞き返されることになる。つまりユーザ企業側には、明確なBI活用のイメージがないのだ。こうした場合も、まずは自分たちのしたいことを探すことから始める。一番有効なのは、外部のコンサルティング会社や自社業務に詳しいBIベンダやSIerとのコミュニケーションを繰り返すことで現状の課題把握を行い、何を分析したいのか、あるいは何を見える化したいのかを明らかにし、それからBIツールに落としてくやり方だ。
 ツール選定の段階まで落ちてくれば、そこから先は、同じ業界の事例や各ベンダの提供する製品/ソリューションの機能などをチェックして取捨選択を行えばいい。
 とはいえ、コンサルティングにお金や時間を取られたくないというユーザ企業も多いだろう。その場合は、「IT製品解体新書」でも紹介したクラウドサービスなどを利用して、スモールスタートを切る。まずは使ってみるのだ。その過程を経て、“もっとこんな切り口で見たい”“こういうことができればいいのに”という本来のニーズが浮かび上がってくる。BI活用を成功させるための鍵は、“いかに自分たちのやりたいことを見つけられるか”にかかっているといえるだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BIツール/進化するBIツール導入のための6つの視点」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BIツール」関連情報をランダムに表示しています。

BIツール」関連の製品

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 E-ASPRO 【東計電算】
BI BI EC
従来のBIツールが思ったほど導入が進んでいない理由とは? 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 通販業務をすべて一元管理。
サイト管理から出荷まで、通販業務を1つのシステムで効率的に管理できるクラウド型フルフィルメント通販ソリューション。

BIツール」関連の特集


2009年度の市場規模が200億円の「BIツール」。今後、好調な推移が見込まれている同製品の市場占有…



「ビッグバン導入は最悪の選択」と言われる昨今、巨額の投資やリスクを背負うことが困難な中堅・中小企業は…



BIって難しいモノで、専門の人しか触れないと思っていませんか?それは大きな間違いなんです!ぜひココで…


BIツール」関連のセミナー

セルフサービスBIによる瞬時販売分析!QlikView無料セミナー 【グランバレイ】 締切間近 

開催日 10月21日(金),11月11日(金),12月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

■■実機を使った販売分析のセミナーを大阪で開催!!■■多くの企業では販売分析の標準ツールとして Excel が使われております。 Excel は使いやすい反面…

BIツール・BOARD無料体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 12月1日(木),12月8日(木),12月15日(木),12月22日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー 【エヌジェーケー】  

開催日 11月9日(水),11月24日(木),12月8日(木),12月21日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

DataNature Smartは…現場担当者や経営者それぞれのニーズに応じたアドホックなデータ活用から定型的な分析・集計までを、ボタンをクリックするだけの簡単…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BIツール/ 進化するBIツール導入のための6つの視点」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BIツール/ 進化するBIツール導入のための6つの視点」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004038


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ