進化する処理速度と操作性!「BIツール」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

進化する処理速度と操作性!「BIツール」

2011/06/13


 基幹系システムに蓄積された各種業務データを活用して、今後の意思決定に役立てようとするBI。このBIの実現を支援するITが「BIツール」だ。これまで主に事業の現状分析とその可視化に利用されてきた。しかし目まぐるしく変化する市場環境を受け、現在ではBIツールを将来予測にも活用しようという動きが出てきている。それを可能にしたのが、BIツールの進化だ。またBIを容易に始められるクラウドサービスも登場してきた。
 そこで今回の特集では、BIツールの基本をおさらいした上で、ツールの進化の状況、現在のクラウドサービスなどについて紹介する。
 「IT製品選び方ガイド」では、BIツールを導入する際の注意ポイントについて解説しているので、そちらも併せてご参照いただきたい。

BIツール

※「BIツール/進化する処理速度と操作性!「BIツール」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BIツール/進化する処理速度と操作性!「BIツール」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

BIツールの選び方ガイドへ


1

BIツールを解体しよう!

1-1

BIツールとは

 BI(Business Intelligence)とは、基幹系システムに蓄積された会計系や販売系などの業務データを活用して、自社の実績を把握し、分析、可視化することで、今後の事業活動における意思決定に役立てようとする取り組みだ。
 企業内には数多くのデータが蓄積されている。そこから必要なデータを収集/保持し、分析用に使える状態にするためには、やはりITの力を借りなければならない。これを可能にするのがBIツールだ。
 ここでBIツールの概要を簡単におさらいしておこう。
 始めに、BIを実現するためには、各種業務システムあるいはERPシステムのデータベースから、分析の元になるデータを収集して正規化し、一ヵ所に貯めておく必要がある。こうして作られた分析用データの貯蔵庫が「データウェアハウス」と呼ばれるものだ。
 データウェアハウス内のデータは、時系列に沿って随時蓄積されていく。過去のある時点と現在などを比較/分析することになるので、分析対象にしたい過去のデータは全て貯えられることになる。これが基幹系システムのデータベースとは決定的に異なる点だ。
 基本的に利用者は、このデータウェアハウス内のデータを分析して、例えば過去1年間の東京都内における特定商品の売上高がどう推移したか、あるいはより詳細に、区別ではどう推移しているのかなどを見ることができる。
 しかしデータウェアハウスに貯えられているデータは膨大だ。ここでデータ処理にかかる時間の問題が出てくる。これを解決するために構築されるのが「データマート」だ。
 データマートは、“部門ごと”のデータウェアハウスともいえるもので、データウェアハウスから目的別にデータをさらに切り出したものである。これで分析対象のデータ量を必要最小限に抑え、実用に耐え得るだけのレスポンスタイムを担保するのだ。
 またデータウェアハウスを構築する際には、基幹系システムの各データベースからデータを抽出し、正規化して、データウェアハウスに転送する必要がある。これを行うものが「ETL(Extract/Transform/Load)ツール」で、要は“データのクレンジング(洗浄)”をするものだといえるだろう。

図1 ビジネス・インテリジェンスとは
図1 ビジネス・インテリジェンスとは
資料提供:富士通

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

BIツール/進化する処理速度と操作性!「BIツール」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BIツール」関連情報をランダムに表示しています。

BIツール」関連の製品

Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
BI BI BI
業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 “かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。

BIツール」関連の特集


今、再注目される「統合CRM」。その背景や導入効果、最新機能を徹底解説します!業務中に「つぶやく」こ…



IT担当者490人を対象にビッグデータの現状を調査。一般部門からのビッグデータ処理の要望や分析ソフト…



高額でなかなか手を出しづらかったBIツールですが、導入しやすい“クラウドBI”が続々登場!ソーシャル…


BIツール」関連のセミナー

【名古屋】ZeeM 会計 ご紹介セミナー 【クレオマーケティング】  

開催日 2月23日(木),3月23日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

【名古屋】ZeeM 会計ご紹介セミナー お客様企業全体での業務の平準化と合理化を実現「ZeeM 会計」は、BIツールによる財務分析をはじめ、高度な管理会計業務を…

【東京】現場で出来る人事データ活用術とは 【クレオマーケティング】  

開催日 2月21日(火),3月22日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

【東京】「現場で出来る人事データ活用術」 ZeeM(ジーム)ならすぐに始められる! 人事部門の役割は、長時間労働対策、マイナンバー制度、ストレスチェック義務化と…

「BI21」無料体験セミナー 【富士インフォックス・ネット】 締切間近 

開催日 3月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、当社の「BI21」ソリューション、すなわち、業務改善のみならずデータ分析・BIとしても活用可能なソリューションをわかりやすくご説明させていただき…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BIツール/ 進化する処理速度と操作性!「BIツール」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BIツール/ 進化する処理速度と操作性!「BIツール」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004037


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ