業務効率を上げる勤怠管理システムの選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

業務効率を上げる勤怠管理システムの選び方

2011/04/25


 勤怠管理(就業管理/就労管理/労務管理)システムを選ぶにあたっては、まず、労働基準法をよく理解して、これにどのように対応しているのかを見極めること。さらに、ツール側が自社の就業規則に対応できるかどうかを見極めていくことが重要だ。また、人事部員だけでなく、全社活用のシステムとして、現場の負荷を減らすことがもっとも大きな課題となる。ここでは、製品選びの際に見ておきたいいくつかのポイントを紹介する。

勤怠管理システム

※「勤怠管理システム/業務効率を上げる勤怠管理システムの選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「勤怠管理システム/業務効率を上げる勤怠管理システムの選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

勤怠管理システムの基礎解説へ


1

勤怠管理システム選びのポイント

1-1

よくある勤怠管理業務の問題とは!?

 勤怠管理業務でよくある問題点としては、下記のようなことが挙げられるという。

勤務体系にそった勤務表の準備が煩雑

記入漏れ、記入ミスによる差戻しが多い

勤務表を各拠点から収集するのが大変

遠方拠点の距離的遅延による手待ち時間が発生する

就業、残業、時間外などの集計作業が大変

各種届出と勤務表の突き合わせが大変

未提出者の督促が大変

給与システムへのパンチ入力が大変

2重チェック、3重チェックの無駄

給与明細書の印刷や配布が大変

図1 勤怠管理業務の内訳
図1 勤怠管理業務の内訳
資料提供:パナソニック電工ネットソリューションズ株式会社

 勤怠管理システムは、これら、取次、転送、収集、集計、入力といった就業・就労・労務情報を管理し、ワークフローシステムで業務プロセスの中抜きを行って効率化を実現する。そのメリットとしては、適正な労務管理、人件費管理・工数管理だけでなく、現場の業務の負荷を軽減し、少数精鋭の現場人員をより本業へシフトさせることも大きな目的となる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

勤怠管理システム/業務効率を上げる勤怠管理システムの選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理システム」関連の製品

勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】 就業管理システム「クロノス」 【クロノス】 ジョブカンワークフロー 【Donuts】
勤怠管理システム 勤怠管理システム ワークフロー
プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。 勤務時間などの自動集計や給与ソフトに連動するデータの作成はもちろん、変形労働時間制やストレスチェックへの対応など様々なニーズにきめ細かく応える先進機能を搭載。 誰でも使える簡単な操作性と高度な機能を併せ持ったクラウド型ワークフローツール。申請・承認情報は、全てWebブラウザ上で確認できる。

勤怠管理システム」関連の特集


日頃の業務の中に突然放り込まれる「突発的業務」は、厄介なことが多い。しかし、折り合いをつけてこなすこ…



せっかく勤怠管理ツールを導入したのに「かえって人事や総務部門の作業が増えてしまった…」と言うことにな…



出退勤時間を打刻し労働時間を適切に管理できる勤怠管理システム。不正打刻を防止すべく様々な打刻手段が登…


「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理システム/ 業務効率を上げる勤怠管理システムの選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理システム/ 業務効率を上げる勤怠管理システムの選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004026


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ