ダイバーシティにも注目!勤怠管理システム

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

ダイバーシティにも注目!勤怠管理システム

2011/04/25


 「労働基準法の一部を改正する法律」の施行に加え、企業の雇用において契約社員やアルバイトの人員が増え、勤怠管理や給与支払いの面で“例外措置”が増えつつある今、これらの適正な管理に対する社会的な要請も急速に高まっている。また、総務・経理部門の負担が増大したことから、多くの企業が勤怠管理をはじめ、人事・給与システムの入れ替えや新規導入を始めている。そこで本特集では、労働基準法改正の影響がもっとも大きい勤怠管理システムの目的と必要性を再認識してもらうべく解説したい。また、勤怠管理システムの選び方は「IT製品選び方ガイド」にまとめたので、あわせて参考にしていただきたい。

勤怠管理システム

※「勤怠管理システム/ダイバーシティにも注目!勤怠管理システム」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「勤怠管理システム/ダイバーシティにも注目!勤怠管理システム」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

勤怠管理システムの選び方ガイドへ


1

勤怠管理システムを解体しよう!

1-1

勤怠管理システムとは何か?

 勤怠管理システムとは、タイムカードやICカードによって出退勤時刻を記録することで、社員やパート・アルバイトの勤怠状況を管理するシステムのことを指す。給与支払の基礎データを作成するだけでなく、有休や代休など休暇の残日管理を行うこともできる。勤務実態が正確に把握できることで、業務過多を早期に発見でき、労務管理のツールとしても重要な役割を担っている。ベンダによっては「就業管理システム」や「就労管理システム」、「労務管理システム」として製品を紹介している。

図1 勤怠管理システムの考え方
図1 勤怠管理システムの考え方

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

勤怠管理システム/ダイバーシティにも注目!勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

勤怠管理システム」関連の製品

勤休管理システム「勤時(きんとき)」 【科学情報システムズ】 ジョブカン勤怠管理 【Donuts】 勤給解決 【ソフトバンク コマース&サービス】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
プロジェクト工数管理機能をあわせ持つ勤怠管理システム。総務部門やプロジェクト管理者の作業効率の向上と管理コストの削減を実現する。 シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、様々な機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。 カメレオンコード(カラーバーコード)による打刻を採用し、PCやiPadを用いて認証・入力が可能なSaaS型勤怠管理システム。

勤怠管理システム」関連の特集


勤怠管理ツールを導入し、労務管理をしっかり行うとともに業務部門の作業負担も軽くしたい、しかしそのため…



430人を対象に、自社の働き方改革と勤怠管理の連動性について聞いた結果をレポート。働き方変革に乗り出…



タイムカードはあるけど、毎月の集計作業に数日かかる。従業員を増やしたいけど管理負荷が重くなりそう。店…


勤怠管理システム」関連のセミナー

テレワークにおける労働時間管理のポイント大公開 【キヤノンITソリューションズ】 締切間近 

開催日 8月25日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーではテレワーク導入企業の上位課題であるテレワーカーの「労働時間管理」「コミュニケーション」をテーマに課題解決策をご紹介いたします。特に時間管理を含む労…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

勤怠管理システム/ ダイバーシティにも注目!勤怠管理システム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「勤怠管理システム/ ダイバーシティにも注目!勤怠管理システム」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004025


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ