運用負荷の軽減もデータセンタを選ぶ理由に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

運用負荷の軽減もデータセンタを選ぶ理由に

2011/04/18


 ファシリティとしての進化を続けるデータセンタ。一方でパブリッククラウドやプライベートクラウドなどの環境もサービスとして提供されている。システムを所有して預けるか、あるいはリソースを丸々借りて使用するか。ユーザ企業の選択肢も、大きく広がってきたと言えるだろう。この時、どんな視点でデータセンタを選べばいいのか。ここでは今回の震災の影響も考慮に入れ、そのポイントについて考えていく。
 「IT製品解体新書」では、データセンタの基礎解説、利用メリット、東北関東大震災後のユーザ企業の動向などについて紹介しているので、ぜひ併せてご参照いただきたい。

データセンタ

※「データセンタ/運用負荷の軽減もデータセンタを選ぶ理由に」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「データセンタ/運用負荷の軽減もデータセンタを選ぶ理由に」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

データセンタの基礎解説へ


1

データセンタの選び方のポイント

Point 1

事業継続性の観点から現有システムを精査し、データセンタの利用範囲を再定義する

 データセンタの利用形態は、ハウジングか、ホスティングかの2つに大別される。例えば重要なシステムを任せるサーバ群はいつでも管理者が対応できるように自社オフィス内に置き、それ以外のものをハウジングで預ける。たホスティングの場合なら、単にサーバをレンタルするだけでなく、各種クラウドサービスを活用していくという方向性も見えてくる。
 こうしたサービスの使い分けは、コスト削減のニーズが根底にあり、その上で、自社システム、あるいはそのシステムで提供しようとするサービスの性質によって決まってくるものだ。
 だが「IT製品解体新書」でも述べたように、今回の東北関東大震災後、東京電力の給電エリアで輪番停電の対象グループに入っている企業では、電源の確保が大きな問題として浮かび上がってきた。実際に停電対応のため、社員が毎日徹夜しなければならなくなった企業もあり、この企業では自社保有の40ラック分のシステムを全てデータセンタに移行したという。もともとは自社で持っていたほうがコスト的には安いとの判断だったそうだが、今回のように長期化が予想される電源非常時までは想定されていなかったのだ。
 しかしこうした状況は、ほとんど全ての企業に当てはまるのではないだろうか。つまり「コスト削減」だけの視点で、保有システムとデータセンタに移行するシステムを切り分けることは、将来の事業継続性を危うくする可能性があるということだ。地震という慢性的な地理的リスクを抱える日本では、効率性だけを重視したシステム構成では、万一の時に企業活動そのものが止まってしまう危険性を孕んでいる。
 今後は保有するシステムと利用するシステムを切り分けるというよりも、どうしても保有しなければならないシステムは何か、万一の障害発生時にも、電源周りのオペレーションや空調設備の維持などを自社だけで賄えるのか、そもそも本当にそうした扱いをするに見合うだけのシステムなのか、といった視点を加えて、データセンタの利用範囲を見極めていくことが必要となってくるだろう。それが取りも直さず、事業継続性を担保することに繋がることになる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

データセンタ/運用負荷の軽減もデータセンタを選ぶ理由に」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「データセンタ」関連情報をランダムに表示しています。

データセンタ」関連の製品

サーバアクセスログ『ALog ConVerter』 【網屋】 QFabricシステム/QFXシリーズ 【ジュニパーネットワークス】 食品卸売業向け販売管理システム SkynetGrocery 【東計電算】
統合ログ管理 ネットワークスイッチ 販売管理システム
重要データへのアクセス記録をエージェントレスで取得する製品。重要データが格納されるサーバ側からログを取得するため、低コストで効率的なログ管理を実現可能に。 単一階層での低遅延性と優れた障害回復力に圧倒的な拡張性まで備えるデータセンタ・ファブリック・システム。 食材卸業務に特有の運用・業務をシステム化した食品卸業向け販売管理システム。ASP型での利用が可能。

データセンタ」関連の特集


BCPを絵に描いた餅にしないための方策とは?今回は、震災後BCPを見直した5社にお集まりいただき、使…



今後、法人ユーザのクラウド利用拡大などにともない、SDN製品の導入が進んでいくと考えられる同市場。1…



業務用ウェアラブルデバイスの普及が始まっているが、具体的な運用シーンは一体…?日立、富士通、NTTデ…


データセンタ」関連のセミナー

ユーザー事例、AWS最新情報!クラウド活用のポイント 【主催:NTTデータイントラマートCSI/共催:アマゾンウェブサービスジャパン/エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 締切間近 

開催日 1月26日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

■概要日時:2017年1月26日(木) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30〜)会場:名古屋 ミッドランドホール 会議室A定員:60名参加費:無料ユー…

Japan Storage Vision 2017 【インターナショナルデーターコーポレイションジャパン】 注目 

開催日 2月14日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

ストレージ市場ではクラウド、コンバージェンス(統合)、フラッシュ、Software-Definedへのシフトが大きな潮流となっています。この潮流の変化の中で、オ…

【ハンズオン】富士通新クラウドK5「基幹業務基盤サービス」PF 【富士通】 締切間近 

開催日 1月27日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、あらかじめ用意したアプリケーションを用いて、K5 PaaSの1つである「基幹業務基盤サービス」の中から、適切な実行環境の選択方法、環境の配備、更…

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データセンタ/ 運用負荷の軽減もデータセンタを選ぶ理由に」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データセンタ/ 運用負荷の軽減もデータセンタを選ぶ理由に」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004024


IT・IT製品TOP > データセンター > データセンター運用 > データセンター運用のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ