無線LANコントローラに注目!無線LAN選び

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

無線LANコントローラに注目!無線LAN選び

2011/04/11


 もはやコモデティ化した感のある無線LANだが、通信そのものは国際規格に沿っているものの、運用管理のしやすさやベンダサポートに各社のオリジナリティがあるのは間違いない。また、IEEE802.11nは300Mbps(将来は最大600Mbps)という高速な通信を実現しているため、チャネルの調整や既存環境への影響を考慮するなど、従来の無線LAN以上にアンテナ設計が複雑になってくる。そこで、無線LAN環境構築のポイントなどについて触れながら、無線LAN選びのポイントを紹介していきたい。無線LANの基礎知識や最新動向については、IT製品解体新書にて触れている。

無線LAN

※「無線LAN/無線LANコントローラに注目!無線LAN選び」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「無線LAN/無線LANコントローラに注目!無線LAN選び」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

無線LANの基礎解説へ


1

無線LAN選びのポイント

■無線LANが高速化するからこそ有線をボトルネックにしない設計が必要

 最大300Mbpsの高速通信が可能なIEEE802.11nが主流になっている今だからこそ、改めて見直しておきたいのがイーサネットなど現在敷設されている有線部分。せっかく高速な無線LANを導入しても、有線部分がボトルネックになってしまっては何の意味もない。ベンダによっては、10ギガビット対応のネットワークスイッチを導入することを薦めているが、少なくともギガビットイーサのスイッチには切り替えたいところだろう。逆に言えば、インターネットや社外との通信を意識して高速化するのであれば、WANの速度が実は一番ボトルネックになってしまうことが多く、あえて高速な無線LANを導入する必要がないケースもある。ネットワークの設計上ボトルネックになってしまうところを見極めて、ネットワークの全体最適を目指したいところだ。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

無線LAN/無線LANコントローラに注目!無線LAN選び」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

無線LAN」関連の製品

NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】 D-Link クラウド管理型 Wi-Fiソリューション DBA-1510P 【ディーリンクジャパン】 秘文AE AccessPoint Control 【日立ソリューションズ】
検疫 アクセスポイント 認証
不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)
無線LANをクラウドから一元管理する次世代ソリューション「D-Link Business Cloud」に対応した無線LANアクセスポイント。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。

無線LAN」関連の特集


来訪者にとって使いやすいのはもちろんのこと、導入した企業においても運用負荷が低いことがポイントとなる…



ビジネスシーンにおける“脱PC”が進んでいる。その一翼を担うのが「タブレット」だが、そのターゲットは…



ベテランと新人。当然だけど大きな差が出る業務効率。研修もしてるのに全然差が埋まらないのは…ナゼ?そん…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LAN/ 無線LANコントローラに注目!無線LAN選び」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LAN/ 無線LANコントローラに注目!無線LAN選び」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004022


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ