300Mbpsのその先へ!高速化する「無線LAN」

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

300Mbpsのその先へ!高速化する「無線LAN」

2011/04/11


 ノートPCや無線IP電話機などモビリティ性の高いデバイスを最大限活かすためには、ネットワークインフラとしての「無線LAN」導入が欠かせない。最近では、iPadに代表されるメディアタブレットや iPhoneやGalaxy Sなどのスマートフォンをオフィスで使う際に、“遅い”3G回線ではなく100Mbpsを超える高速アクセスが可能な無線LANをインフラとして活用したいと要望する声も多く、改めてオフィス環境での無線LAN導入を推進する企業が増加傾向にあるようだ。そこで、今回は無線LANが置かれている現在の状況を概観しながら、そのトレンドを追ってみたい。また、製品を選ぶ際のポイントについては「IT製品選び方ガイド」で紹介しているので、あわせて参考にしていただきたい。

無線LAN

※「無線LAN/300Mbpsのその先へ!高速化する「無線LAN」」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「無線LAN/300Mbpsのその先へ!高速化する「無線LAN」」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

無線LANの選び方ガイドへ


1

無線LANを解体しよう

1-1

無線LANとは

 ご存知の通り無線LANとは、ケーブルでLAN接続する有線LANとは異なり、特定の無線周波数を利用してLAN接続する仕組みのことを指す。この無線LANは、国際標準機関のIEEE802委員会で標準化が進められており、厳密に周波数帯域や通信速度などの技術規格が決められている。ちなみに、IEEE(Institute of Electrical and Electronic Engineers)とは、1963年に米国電気学会と無線学会が合併して発足した技術者協会のことで、802という数字は1980年2月にLAN標準化のプロジェクトがスタートしたことに由来している。 この無線LANの規格の中でも、通信規格として有名なのはIEEE802.11a/b/g/nだ。周波数帯域や通信速度などが異なっており、場面に応じて使い分けが行われている。

表1 無線LANの周波数の違い
表1 無線LANの周波数の違い
※現在、販売されている11n対応製品は2ストリーム対応となり、最大300Mbpsとなる
資料提供:NTTデータ

  IEEE802.11b規格に準拠した無線LANでは、2.400〜2.4835GHzの周波数帯域を5MHzずつの13チャンネルに区分し、さらに2.4835GHz以上の周波数に14番目のチャンネルを割り当てている。また、IEEE802.11a規格では、5.15〜5.35GHz及び5.47〜5.725GHzの周波数帯域を20MHzの19チャンネルに区分している。

コラム:

 日本における電波の利用については、電波法によって定められており、その利用用途は周波数ごとに細かく決められている。その中で、無線LANの周波数は300MHz〜3GHzの極超短波(UHF帯)と3GHz〜30GHzのマイクロ波(SHF)に分散して割り当てられている。

図1 無線LANの周波数
図1 無線LANの周波数

+拡大


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

無線LAN/300Mbpsのその先へ!高速化する「無線LAN」」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

無線LAN」関連の製品

アクセスポイントACERA+無線ネットワーク管理システムUNIFAS 【フルノシステムズ】 監視・検知システムのSIEMは運用管理の負担軽減に貢献するのか。 【フォーティネットジャパン】 FEREC 【ネットスプリング】
無線LAN 認証 UTM
アクセスポイント「ACERA」と管理ソフトウェア「UNIFAS」で構成される無線LANソリューション。機器は日本語GUI対応の国産製品。アクセスポイント1000台まで一括管理可能。 企業のネットワークが複雑化するにつれ、セキュリティ管理者が監視すべきログも増えていく。監視・検知システムのSIEMはどのように運用管理の負担軽減に貢献するのか。 IDとパスワードによる「ユーザ認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。

無線LAN」関連の特集


照明、信号機、ネオンサインなど、身近な光源が通信装置に大変身!?ユビキタスな通信手段として注目の可視…



数十年前から想像できないほどの進化を遂げ、インフラとなった通信ネットワーク。次のネットワークの未来を…



不慮の事故で突然死んでしまった時に、PC内の誰にも見られたくないファイルを自動で削除してくれる!そん…


無線LAN」関連のセミナー

Security Days Nagoya 2017 【ナノオプト・メディア】 締切間近 

開催日 2月23日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

高度化・巧妙化する最新のサイバー攻撃への対処や対策について、様々な企業の事例を中心に全14セッションで解説!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━…

広域無線LANソリューションセミナー開催(浅草橋) 【エイチ・シー・ネットワークス】 締切間近 

開催日 2月28日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

エイチ・シー・ネットワークス株式会社は、2月28日(火)に弊社主催のセミナーを東京浅草橋で開催することとなりました。屋外Wi-Fi通信分野で世界をリードするRu…

エキスパートが伝授する「鉄壁のネットワークセキュリティ」とは 【日本電気】  

開催日 3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

〜2017年3月17日(金) 東京開催〜NECはこのたび、エキスパートが伝授する「鉄壁のネットワークセキュリティ」とは(無料)を開催します。情報通信研究機構(N…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LAN/ 300Mbpsのその先へ!高速化する「無線LAN」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LAN/ 300Mbpsのその先へ!高速化する「無線LAN」」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30004021


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ