ITセキュリティ評価及び認証制度(その3)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    山里 拓己
    Takumi Yamasato
    (独)情報処理推進機構(IPA)  情報セキュリティ認証室次長
    IA Japan審査員((独)製品技術基盤機構)。ベンダにてOSやセキュリティ製品の開発、セキュリティコンサルの経験を持つ。IPAにてITセキュリティ評価及び認証制度の立ち上げに携わる。
2010/12/14
ITセキュリティ評価及び認証制度(その3)

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「ITセキュリティ評価及び認証制度(その3)」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


セキュリティ評価 認証制度/ITセキュリティ評価及び認証制度(その3)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ評価 認証制度」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ評価 認証制度」関連の特集


 前回までは、セキュリティを確保するためのソフトウェアベンダの役割と、コモンクライテリアを例としたセ…



 前回は、調達の仕様書作成段階におけるセキュリティの取り組みを概説し、その意義、留意事項等に触れた。…



 前回は、コモンクライテリア(ISO/IEC15408)の概要と意義について紹介した。今回は、「CC…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは 【富士通株式会社】 「デジタルワークスペース」が安全な働き方改革を実現する道筋 【ヴイエムウェア+他】 デバイスの利用禁止/接続先ネットワークの制限 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは 働き方改革を機にリモートワークを導入する企業が増えつつあるが、ここでも課題となるのがセキュリティ対策だ。リモートワークの利便性とセキュリティを両立する手法とは。 スマートフォン、USBメモリなど様々なデバイスの利用を制限
Wi-Fi制御、VPN利用の強制
マルウェア対策製品と連携し、感染PCのネットワーク通信を自動遮断、感染拡大を防止

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 今回はコモンクライテリア(Common Criteria:以後CCと呼ぶ)に対する、政府機関やIT…



2007年度は前年比57.0%増の出荷金額71.9億円、2008年度は43.7%増の103.8億円と…



 前回第1回の記事では、ウェブサイトで起きた事件、及びその原因の1つである脆弱性に触れ、ウェブサイト…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004012


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ