ITセキュリティ評価及び認証制度(その2)

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    山里 拓己
    Takumi Yamasato
    (独)情報処理推進機構(IPA) 情報セキュリティ認証室次長
    IA Japan審査員((独)製品技術基盤機構)。ベンダにてOSやセキュリティ製品の開発、セキュリティコンサルの経験を持つ。IPAにてITセキュリティ評価及び認証制度の立ち上げに携わる。
2010/12/07
ITセキュリティ評価及び認証制度(その2)

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「ITセキュリティ評価及び認証制度(その2)」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


セキュリティ評価 認証制度/ITセキュリティ評価及び認証制度(その2)」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ評価 認証制度」関連情報をランダムに表示しています。

セキュリティ評価 認証制度」関連の特集


一口にPCログ監視ツールといっても、製品によって採取できるログの種類や機能も違えば、最近はSaaS型…



 前回までは、ソフトウェアベンダとしての製品のセキュリティ確保への取り組み、コモンクライテリアなどの…



 前回は、日本における制度の紹介とその活用事例について述べた。最終回の今回は、具体的なデータで認証の…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

「セキュリティイノベーター」がビジネスを動かす、IoT時代に欠かせない人材とは 【富士通株式会社】 ビジネスの成長を加速するデジタルワークスペースの作り方 【ヴイエムウェア】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
IoT時代に欠かせない人材「セキュリティイノベーター」とは IT技術者への人材ニーズが高まる一方で労働人口は減少へ向かう。人材獲得のためにも働き方改革は必須だ。組織風土とITの両面から、働き方改革を成功に導くポイントを探る。 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 「ITセキュリティ評価及び認証制度」という制度があるのはご存知であろうか。これはセキュリティ製品や…



各企業のセキュリティ対策予算は? 今回の調査では企業規模によるセキュリティ対策予算の「格差」が浮き彫…



 この連載も、今回が最終回である。 “なんとなく”でき上がった「マルウェア対策のツリー図」の“なんと…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004011


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ