なぜ今マルチベンダポリシーが適さないのか

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    野々下 幸治
    Nonoshita Koji
    トレンドマイクロ株式会社 セキュリティエキスパート本部 
    ブロードバンド推進協議会セキュリティ専門部会の部会長、IPv6普及推進協議会セキュリティWGの主査など、多くの団体のリーダーを務める。主に、仮想化関連のセキュリティについて顧客への提案を行う。
2010/12/21
なぜ今マルチベンダポリシーが適さないのか

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「なぜ今マルチベンダポリシーが適さないのか」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


マルチベンダポリシー/なぜ今マルチベンダポリシーが適さないのか」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「マルチベンダポリシー」関連情報をランダムに表示しています。

マルチベンダポリシー」関連の特集


 今回はパターンパッチングによる対策が主流で、マルチベンダポリシーが正しいとされていた2000年頃か…



 かつてウイルス対策は、エンドポイントとゲートウェイで異なるセキュリティベンダの製品を使用することが…



 ウイルスはフロッピーディスクを感染経路にするものから、メール経由の感染、そして、ウイルスが相互に連…


「アンチウイルス」関連の製品

AIがウイルス対策ソフトの限界を超える 未知の脅威を防ぐ技術 【富士通】 次世代マルウェア対策「CylancePROTECT」 【日立ソリューションズ】 外部メディア ウイルス対策ソリューション 「Metadefender」 【ネクスト・イット】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
1日に100万を超える新種が誕生? マルウェアの脅威を検知する最新技術とは AI技術を利用した、パターンファイルを必要としないマルウェア対策。未知/既知を問わず、マルウェアが実行される前にエンドポイント上で検知・防御する。 USB/CD/DVDなどの外部メディア内に潜むマルウェアの持ち込みを防御。脅威のリスクが高いファイルのブロックと強力なウイルススキャンを実行するソリューション。

「アンチウイルス」関連の特集


 前回はFlashfakeの感染経路としてJREやFlash Playerがあることを解説した。今回…



トレンドマイクロが「企業におけるランサムウェア実態調査2016」を発表しました。暗号化されてしまった…



 Macのセキュリティについては、激しく議論されることが多くあります。Macのセキュリティがユーザか…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004009


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ