この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    野々下 幸治
    Nonoshita Koji
    トレンドマイクロ株式会社 セキュリティエキスパート本部 
    ブロードバンド推進協議会セキュリティ専門部会の部会長、IPv6普及推進協議会セキュリティWGの主査など、多くの団体のリーダーを務める。主に、仮想化関連のセキュリティについて顧客への提案を行う。
2010/12/14
ウイルス対策技術の進化

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「ウイルス対策技術の進化」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


ウイルス検体/ウイルス対策技術の進化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ウイルス検体」関連情報をランダムに表示しています。

ウイルス検体」関連の特集


対応費用に8億円!?組織化・凶悪化する“スクリプトキディ”に狙われた企業はどう守る?従来型のアンチウ…



 前回はIDS/IPSによる検出技術と、その運用上の課題や不正プログラム検出の限界について解説した。…



アンチウイルス製品の導入だけでセキュリティ対策が万全な時代、再び来るか? セキュリティ対策が困難さを…


「アンチウイルス」関連の製品

ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】 今更聞けない「従来型エンドポイントセキュリティ」には何が足りなかったのか? 【シマンテック】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。 サイバー攻撃の高度化と巧妙化から、従来型の対策には限界が見えてきた。多層防御の強化は続けつつ、感染に備えた事後対応も用意したい。どう両立すればよいだろうか。 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。

「アンチウイルス」関連の特集


 前回は、モバイル系OSをターゲットにしたマルウェアの“量”の変化について説明した。連載2回目に当た…



 前回に引き続き、イカタコウイルスの感染時の動作について解説を行う。今回は、ファイルやレジストリへの…



 前回紹介したとおり、ウイルス対策ソフト、セキュリティ製品の比較テストには大きく分けて、全てのテスト…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004008


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ