マルチベンダポリシーはなぜ生まれたのか?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    野々下 幸治
    Nonoshita Koji
    トレンドマイクロ株式会社 セキュリティエキスパート本部 
    ブロードバンド推進協議会セキュリティ専門部会の部会長、IPv6普及推進協議会セキュリティWGの主査など、多くの団体のリーダーを務める。主に、仮想化関連のセキュリティについて顧客への提案を行う。
2010/11/30
マルチベンダポリシーはなぜ生まれたのか?

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「マルチベンダポリシーはなぜ生まれたのか?」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


ウイルス対策/マルチベンダポリシーはなぜ生まれたのか?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ウイルス対策」関連情報をランダムに表示しています。

ウイルス対策」関連の製品

企業の49%が不正C&Cサーバと通信の事実が発覚、未知の脅威には気付かず 【トレンドマイクロ株式会社】 マルチOS対応 検疫アプライアンス QuOLA@Adapter 【エイチ・シー・ネットワークス】 ディフェンスプラットフォーム(DeP) 【ハミングヘッズ】
セキュリティ診断 検疫 アンチウイルス
振る舞い検知や機械学習の連携が鍵、未知の攻撃を防ぐ方法 検疫に特化したアプライアンス製品。
必要なときに検疫プログラムをダウンロード・実行でき、持込み環境にも対応。
OSやネットワークごとに検疫内容を細かく指定できる。
APIの利用を常時監視してウイルスを検出・隔離する割込み型迎撃方式のウイルス対策ソフト。APIの利用内容でウイルスか否かを識別するため未知のウイルスも捕捉できる。

ウイルス対策」関連の特集


「もう一枚脱がしたくない?」ただのアダルトゲームのつもりが、いつのまにやらスパマーの手先に!恐怖のウ…



自社を狙うマルウェアが半年で200万件に達するというマイクロソフト。彼らはなぜ「サイバー攻撃の検知力…



迷惑メールの総称「スパム」の実態と、スパム被害から企業を守るスパム対策ツールの基礎を徹底解体!7つの…


ウイルス対策」関連のセミナー

ランサムウェア対策にセキュアバックアップで有事に備えよう 【バラクーダネットワークスジャパン】 締切間近 

開催日 6月21日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

ランサムウェアはウィルスの一種で、PCやスマートフォンにあるファイルの暗号化や画面のロックを行い、復旧させることと引き換えに金銭を要求する手口に悪用されます。サ…

Carbon Black Cb Defenseハンズオンセミナー 【ネットワールド】  

開催日 7月17日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

当社担当SEが講師として、座学形式の講義と実機演習を行います。Cb Defenseのセンサー展開からポリシーの適用、マルウェアと非マルウェア攻撃(従来型のウイル…

そこまで話していいの?Veeam/Zerto海外視察レポート! 【クライム】 締切間近 

開催日 6月21日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

2018年5月14〜16日にアメリカ シカゴで行われたVeeam ON 2018、5月21〜23日にボストンで行われたZertoCON 2018から最新情報をお…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004006


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ