マルチベンダポリシーはなぜ生まれたのか?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    野々下 幸治
    Nonoshita Koji
    トレンドマイクロ株式会社 セキュリティエキスパート本部 
    ブロードバンド推進協議会セキュリティ専門部会の部会長、IPv6普及推進協議会セキュリティWGの主査など、多くの団体のリーダーを務める。主に、仮想化関連のセキュリティについて顧客への提案を行う。
2010/11/30
マルチベンダポリシーはなぜ生まれたのか?

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「マルチベンダポリシーはなぜ生まれたのか?」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


ウイルス対策/マルチベンダポリシーはなぜ生まれたのか?」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ウイルス対策」関連情報をランダムに表示しています。

ウイルス対策」関連の製品

丸分かり「VMware NSX」入門 なぜ必要か? 何ができるのか? 【ヴイエムウェア株式会社】 ランサムウェア対策や情報漏えい対策に失敗した企業は、何が間違っていたのか? 【ダイワボウ情報システム+他】 リモートMDMサービス 「CLOMO MDM」 【ソフトバンク コマース&サービス】
SDN SDN MDM
丸分かり「VMware NSX」入門 なぜ必要か? 何ができるのか? サイバー攻撃による情報漏えいや業務停止といった被害が後を絶たない。多くの企業は“鉄壁な防御”を目指して対策を進めているはずなのに、なぜ被害がなくならないのか。 iOS、Android、Windows、Kindleなどのさまざまなスマートデバイスにおいて「どの部門の、誰が、どのデバイスを利用しているのか」を一元的に管理するMDMサービス。

ウイルス対策」関連の特集


ツールごとに違うカバー範囲、フタを開けてみないとわからない操作性、もっと掘り下げたい「実績」の見方、…



 前回のコラムでは、 1.中小企業のマイナンバー制度への障壁、2.経営者タイプ別マイナンバー対策、3…



 連載の前回、前々回では、脅威がどのように変化し、それに対抗するべくセキュリティ製品がどのように進化…


ウイルス対策」関連のセミナー

感染後の二次被害対策!WannaCryもIoTセキュリティもこれ1台でOK 【ネットワールド/ハンドリームネット】 締切間近 

開催日 6月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

セキュリティ + L2スイッチ + 監視 = 『SubGate』 すでに大きなニュースにもなっていますが、先日ランサムウェア「WannaCry」を用いた世界同時…

【7/19高知開催】 新型マルウェア対策セミナー in 高知 【日本電気】  

開催日 7月19日(水)   開催地 高知県   参加費 無料

〜2017年7月19日(水) 高知開催〜NECはこのたび、「人工知能(AI)戦争! 新型マルウェア対策セミナー in 高知」(無料)を開催します。攻撃者とのいた…

マルウェア対策アプライアンス FireEye ご紹介セミナー 【日立ソリューションズ】  

開催日 6月28日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

サイバー攻撃は高度化・巧妙化しており、標的型攻撃で使用されるマルウェアは一般的なウイルス対策ソフトなどでは、感染を防ぐことが難しくなっています。 標的型攻撃から…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004006


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ