この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

電子メール暗号化ツール

2010/12/07


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、電子メール暗号化ツールのシェア情報をご紹介しよう。

 ミック経済研究所の調べによれば、2009年度の電子メール暗号化ツールの市場規模は、前年対比5.3%増の8億円であった。2010年度は28.8%増の10.3億円になるものと予想されている。
 2009年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、日本PGPが前年対比5.7%増の3.7億円、シェア46.3%で1位となった。現在のネット社会では各パーツごとに暗号が必要になっていることから、適材適所で最適な暗号化製品を使ったソリューションカットでの展開を行ない、市場を掘り起こしている。そして、国内では対策が遅れている“メール暗号”を広げるために、啓蒙活動に加え情報漏洩を防止するツールや仕組みを拡充させており、そのためにハードウェアベンダ、他のソフトウェアベンダ、サービスベンダとのアライアンスも推進させ、同社の売上のみならずメール暗号市場全体を拡大させている。2位にはシェア13.8%で、「Voltage SecureMail」シリーズを販売するキヤノンITソリューションズが続く。同社では、メールアーカイブ・フィルタリングソフトウェア「GUARDIANWALL」を製造・販売していることから、メールセキュリティという観点で両製品の連携ソリューションに注力している。また、「GUARDIANWALL」で構築された販売チャネルの活用や同製品の既存ユーザに対する新たなメールセキュリティソリューション提案により、再導入を促し需要の増加を狙っている。

電子メール暗号化ツールシェア

電子メール暗号化ツールシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

メール暗号化/「電子メール暗号化ツール」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メール暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

メール暗号化」関連の製品

CLEARSWIFT SECURE Email Gateway 【日立ソリューションズ】
メールセキュリティ
送信メールの本文や添付ファイルの内容から機密情報の有無をチェック。
ウイルス、スパム、暗号化といったメールセキュリティに関する機能もまとめて提供。

メール暗号化」関連の特集


IT担当者520人対象にメールシステムとセキュリティ対策状況を調査。システム環境や被害状況からその実…



危険物所持のメールは入れさせない、出させない。メールフィルタリングツール3分でおさらい!



情報漏洩事件が相次いで発生し、企業における情報セキュリティの高まりとともに検討が進む暗号化。その中で…


「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メール暗号化/ 「電子メール暗号化ツール」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メール暗号化/ 「電子メール暗号化ツール」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30004002


IT・IT製品TOP > メール > 電子メール > 電子メールの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ