Web誘導感染型マルウェア:JavaScript難読化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    石丸 傑
    Suguru ISHIMARU
    株式会社Kaspersky Labs Japan
    2008年Kaspersky Labs Japanに入社。ITセキュリティラボに配属され、マルウェアアナリストとして様々なサイバー攻撃およびこれらに付随するマルウェアに関して解析・研究を担当。
2010/10/12
Web誘導感染型マルウェア:JavaScript難読化

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「Web誘導感染型マルウェア:JavaScript難読化」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


JavaScript難読化/Web誘導感染型マルウェア:JavaScript難読化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「JavaScript難読化」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の製品

クラウド型セキュリティサービス InterSafe GatewayConnection 【アルプス システム インテグレーション】 ネットワーク分離環境のデータ受け渡し Crossway/データブリッジ 【NTTテクノクロス】 DDoS対策アプライアンス Arbor Networks APS 【アーバーネットワークス】
その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連 その他ネットワークセキュリティ関連
クラウドのセキュアWebゲートウェイにおいて、独自の解析技術により、マルウェア配布サイトへのWebアクセスやC&Cサーバへの不正通信をブロックする出口対策を提供。 分離ネットワーク間でデータを安全に受け渡すための機器。
電源OFFなどで、データは自動的に消去されるので、USBメモリなどと違い重要情報の持ち運びリスクを軽減できる。
全世界のトラフィックをリアルタイムで収集・分析。そのデータをもとに、DDos攻撃による脅威をブロックする高精度な対策を提供。

「その他ネットワークセキュリティ関連」関連の特集


 今回は2011年度のインシデントに関する話題として、第1回のサイバー攻撃で挙げた「標的型攻撃メール…



 前回は、マルウェアに感染するとなぜ情報漏洩してしまうのかと、マルウェアを感染させるウイルスメールに…



 前回は、IaaSの“可用性”に注目し、クラウドのサービス利用におけるリスクをについて解説した。今回…


「その他ネットワークセキュリティ関連」関連のセミナー

マルウェア対策アプライアンス FireEye ご紹介セミナー 【日立ソリューションズ】 締切間近 

開催日 8月2日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

サイバー攻撃は高度化・巧妙化しており、標的型攻撃で使用されるマルウェアは一般的なウイルス対策ソフトなどでは、感染を防ぐことが難しくなっています。 標的型攻撃から…

機械学習で実現するセキュリティ運用の効率化 【マクニカネットワークス】 締切間近 

開催日 7月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

−世界15か国・19業種・1100人の声から見えてきた課題解決標的型攻撃や内部不正が増加し続けている昨今、適切なセキュリティ運用を実行するため、複数のセキュリテ…

ICS/SCADAセキュリティトレーニング紹介セミナー 【NHN テコラス】  

開催日 8月3日(木),8月10日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

2017年9月13日(水)〜9月15日(金)に開催する有償のセキュリティトレーニングコース「ICS/SCADAセキュリティトレーニング」の予告編となるセミナーを…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003982


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > その他ネットワークセキュリティ関連 > その他ネットワークセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ