大手ウイルス対策ソフト企業の誕生秘話

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/02/25
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#079個人の怒りが生んだウイルス対策ソフト 〜ジョン・マカフィー氏

 前回(2011/02/18号)は「世界初のコンピュータウイルス」のキーマンとして、パキスタンのアルビ兄弟を紹介した。その直後、いくつかのウイルス対策ソフトの開発が始まり、現在のように一大セキュリティ対策ソフト市場が形成されるまでになった。

 今回は、初期のウイルス対策ソフトを開発したキーマンとして、ジョン・マカフィー氏(以下敬称略)を紹介しよう。マカフィーって?…そう、あのウイルス対策ソフト大手企業「McAfee」の創設者である。

 ジョン・マカフィーは、大学では数学を学び、卒業後はNASAの研究所やゼロックス社などに勤務する、ごく普通のプログラマとして活躍した。

ジョン・マカフィー氏
1945年
イングランドにて誕生。その後アメリカへ移住。
1967年
ロアノークカレッジにて数学の修士号を取得して卒業。卒業後はプログラマとして勤務。
1986年
勤務していたロッキード社でBrainに感染。
1987年
アンチBrainソフトを開発。シェアウェア形式で販売。McAfee Associates社を設立。
1989年
ロッキード社を退社。以後McAfee Associates社を経営、2004年に社名をMcAfeeと変更。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ 個人の怒りが生んだウイルス対策ソフト 〜ジョン・マカフィー氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ 個人の怒りが生んだウイルス対策ソフト 〜ジョン・マカフィー氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003962



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ