この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

掲載日 2011/01/14
偉人の遺伝子をEasyに読み解く!キーマン列伝
#073“C++”を生み出した男 〜ビャーネ・ストロヴストルップ氏

 「良いプログラムを書くことは、知性、趣味の良さ、忍耐を必要とする」

 これは、ビャーネ・ストロヴストルップ氏が著書「プログラミング言語C++」の中に記した名言である。プログラミングを生業としている人の中には、この言葉を胸に刻んで仕事に励んでいる人も少なくないのではないだろうか。

 今回紹介するキーマンこそ、この名言を残したC++の開発者ビャーネ・ストロヴストルップ氏(以下敬称略)だ。なお、彼の名前は発音が非常に難しく、そのため日本語表記がいくつかあるが、本稿では“ビャーネ・ストロヴストルップ”とする。

ビャーネ・ストロヴストルップ氏
1950年
デンマーク・オーフスにて誕生。
1975年
オーフス大学でコンピュータ科学と関連数学の修士号を取得し卒業。
1979年
ケンブリッジ大学でコンピュータ科学の博士号を取得。
1983年
ベル研究所にて「C with Class」を開発。
1985年
「C++」を発表。
2002年
テキサスA&M大学にてコンピュータ科学の教授に。現職。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

キーマンズ列伝/ “C++”を生み出した男 〜ビャーネ・ストロヴストルップ氏」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「キーマンズ列伝/ “C++”を生み出した男 〜ビャーネ・ストロヴストルップ氏」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。 また、「キーマン列伝」の記事は、インターネット上に 配信されているニュース内容をもとに、キーマンズネットが編集して掲載しており、内容の正確性、真実性等を保証するものではありません。


30003956



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ