この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

導入率から使い勝手まで! IT担当者300人に聞きました

無線LANの導入状況

2011/03/29


 キーマンズネットでは、2011年1月18日(火)〜 2011年1月25日(火)にかけて「無線LANの導入状況」に関するアンケートを実施した(有効回答数:592)。回答者の顔ぶれは、情報システム部門が全体の61.1%、一般部門が38.9%という構成比であった。
 今回、お聞きしたのは「導入の有無」「導入規模」「セキュリティ対策」など、無線LANの導入状況を把握するための質問。その結果、およそ半数の企業で無線LANが導入されているが、全社規模での導入はまだこれからであり、未だにセキュリティレベルの低い暗号方式を選択する割合が高いことが明らかになった。

※「無線LAN/無線LANの導入状況」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「無線LAN/無線LANの導入状況」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)



1

中小企業の導入率は61.1%と、大企業よりも高い結果に

 最初に、現在の無線LANの「導入状況」を尋ねた(図1-1)。その結果、「導入済み」と回答した企業は57.1%で、「検討中」が14.2%であった。これを従業員規模別でみると、100名以下の中小企業では61.1%が導入済みと回答しており、大企業よりもその割合は高くなっていることが分かった。ただし、リプレイスも含めて導入を検討している企業の割合は、1001名以上の大企業のほうが高くなっている。
 無線LANの「導入時期」については、「導入済み」企業の1位が「2006年3月以前」で47.6%、「導入予定」企業の1位が「2011年1月〜2011年9月」で39.2%であった。最大伝送速度600Mbpsが可能なIEEE 802.11nのドラフト版1.0が登場したのが2006年3月で、正式規格として認定されたのは2009年9月。従って、2006年3月以前はIEEE 802.11b/a/gといった規格が中心の時期であったことから、「2006年3月以前」に導入した企業では、IEEE 802.11n規格に対応した製品へのリプレイス需要が高まっているものと予測できる。
 続いて、無線LANを「導入済み」と回答した人にその「満足度」を尋ねた(図1-2)。その結果、「とても満足している」が14.4%、「まあ満足している」が53.6%、「やや不満がある」が25.7%、「とても不満がある」が6.3%となり、まとめると「満足」と回答した割合は68.0%、「不満」は32.0%となり、全体の約7割が満足と回答する結果となった。
 「とても満足している」「まあ満足している」と回答した人からは「通信帯域もあり、通信速度も問題ない」といった声や「ノートパソコン、プリンタなど無線対応機器が増えていることや、スマートフォンのWi-Fiスポットとしても利用できる」といった声が寄せられていた。利用できる通信規格の種類が増え、通信速度や通信状態もかなり向上してきたことに加え、無線LANに対応した機器も増えてきていることが背景にあると思われる。
 一方、「やや不満がある」「とても不満がある」と回答した人からは「ローミングがうまく機能しない」「接続できない等のトラブルが多発する」といった声や、「WPA2に対応しておらず、WEPを使っているので、セキュリティ面に不安がある」「管理画面が使いにくい」といった意見が寄せられていた。WEPという暗号化方式は脆弱性が指摘されており、クラッキングソフトも出回っていることから、ネットワーク機器では古くなった機能を使い続けることは、一般的には危険とされている。

図1 導入状況と満足度

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図1 導入状況と満足度
このページの先頭へ

2

導入目的「ユーザビリティ向上」「業務効率化」に続いてスマートフォン活用も

 次に、無線LANを「導入済み」及び「導入予定」と回答した人に、その「導入目的」を尋ねた(図2-1)。その結果、「導入済み」の1位は「会議室や打ち合わせスペースでノートPCを持ち込むため」で52.5%、2位は「配線の煩雑さを解消するため」で49.6%、3位は「業務の効率化」で37.4%、4位は「柔軟なオフィスレイアウト」で35.6%、5位は「工場・現場・店舗などでモバイル端末を使用するため」で20.8%と続いた。
 一方、「導入予定」の1位は「配線の煩雑さを解消するため」で55.8%、2位は「会議室や打ち合わせスペースでノートPCを持ち込むため」で53.2%、3位は「柔軟なオフィスレイアウト」で49.4%、4位は「業務の効率化」で37.7%、5位は「工場・現場・店舗などでモバイル端末を使用するため」で22.1%と続いた。
 どちらもユーザビリティの向上、業務の効率化を目的とする声が多いのが特徴的で、そのほか注目すべき点としては、「メディアタブレットやスマートフォンを活用するため」という項目を挙げることができる。アンケート結果のランキングは低いものの、このような意見はフリーコメントで多数寄せられていた。例えば、「iPhone、iPad等を使うため」といった意見だけでなく、「顧客に提供しているiPhoneやアンドロイドのアプリ検証環境用」といった意見もあり、スマートフォンやタブレットPCを積極的にビジネスに取り入れていくケースも増えてきているようだ。
 続いて、無線LANを「導入済み」及び「導入予定」と回答した人に「導入時の重視ポイント」を尋ねたところ、図2-2のような結果が得られた。「導入済み」の1位は「導入・運用コスト」で69.1%、2位は「セキュリティ」で51.6%、3位は「回線速度」で42.4%、4位は「運用・メンテナンスの容易さ」で35.0%、5位は「可用性・安定性」で33.5%と続いた。一方、「導入予定」の1位は「セキュリティ」で77.9%、2位は「導入・運用コスト」で76.6%、3位は「回線速度」で36.4%、4位は「可用性・安定性」で26.0%、5位は「集中管理」で24.7%と続いた。
 ここで、注目すべき点は、「導入予定」では「セキュリティ」が1位になったことと、「可用性・安定性」「集中管理」といった項目が上位にランクインしていることだ。無線LANではセキュリティの脆弱性をついた通信傍受や、無線LAN経由での社内各種システムへの侵入など、今までに多数の事件や被害例が報告されていることから、IT担当者の間で、無線LANのセキュリティに対する意識が高まってきているものと推測できる。また、企業内に多数の無線LAN機器が導入されるようになってきたことから、これらの機器を一元管理するための機能や、複数のアクセスポイントを効率よく配置するためのサイトサーベイ機能などに対するニーズも高まっているようだ。

図2 導入目的と導入時の重視ポイント

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図2 導入目的と導入時の重視ポイント
このページの先頭へ

3

無線LANの使用端末数1位は「10台以下」と、部門単位での導入が多い傾向に

 次に、無線LANを「導入済み」及び「導入予定」と回答した人に「使用端末数」を尋ねた(図3-1)。その結果、「導入済み」の1位は「10台以下」で37.7%、2位は「11〜50台」で28.2%、3位は「101〜500台」で13.6%となり、「導入予定」の1位は「11〜50台」で29.9%、2位は「10台以下」で26.0%、3位は「51〜100台」で23.4%となった。
 同様に「アクセスポイント数」についても尋ねたところ、「導入済み」の1位は「2〜5台」で36.6%、2位は「1台」で15.8%、3位は「6〜10台」で15.5%となった(図3-2)。一方、「導入予定」の1位は「2〜5台」で23.4%、2位は「6〜10台」で20.8%、3位は「1台」で15.6%と続いた。使用端末数とアクセスポイント数の集計結果から判断すると、無線LANは全社規模で導入するような大規模ネットワークに適用するケースはまだ少ないようだ。ただし、「導入済み」と「導入予定」を比べた場合、無線LANの導入規模は確実に大きくなってきており、通信性能の向上やセキュリティの強化が図られていることを考慮すれば、この傾向は今後更に強まるものと予測される。
 続いて、無線LANを「導入済み」及び「導入予定」と回答した人に「無線LANの構築費用」を尋ねたところ、図3-3のような結果が得られた。「導入済み」の1位は「50万円以下」で56.8%、2位は「101万円〜500万円以下」で15.5%、3位は「51万円〜100万円以下」で14.9%となり、「導入予定」の1位も「50万円以下」で38.5%、2位は「101万円〜500万円以下」で35.9%、3位は「51万円〜100万円以下」で16.7%となった。
 「導入済み」「導入予定」ともに低コストで導入する傾向にあるが、これは無線LANを部門単位で導入するケースがまだ多いという表れの1つと言える。ただし、「101万円〜500万円以下」の割合は「導入済み」の15.5%から「導入予定」では35.9%と、かなり高くなってきていることから、無線LANの導入規模は間違いなく大きくなっていく傾向にある。

図3 使用端末数、アクセスポイント数、無線LANの構築費用

図をご覧いただくには・・・
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

図3 使用端末数、アクセスポイント数、無線LANの構築費用

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

無線LAN/無線LANの導入状況」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「無線LAN」関連情報をランダムに表示しています。

無線LAN」関連の製品

ITを活用した働き方改革を実現する、具体的な方法 【ヴイエムウェア株式会社】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 NetSkateKoban(不正接続端末検知・遮断/Network可視化システム) 【ギガ+他】
MDM 認証 検疫
ITを活用した働き方改革を実現する、具体的な方法 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 不正端末の接続を検知し、排除。
◎各端末へソフトのインストール不要
◎VLAN対応で、低コスト
◎IPv6対応
◎地図表示によるネットワーク可視化
◎端末の通信誘導(利用限定)

無線LAN」関連の特集


企業で活用するUSBデバイスの中でも、セキュリティに特化した使い方が可能なUSBトークン。機能や使い…



フリーアドレス化によってテレワークを含めたワークスタイル変革を実現したNECに、自社ソリューションに…



GPS電波が届かない地下街や建物内でも位置が高精度でわかる「地磁気データ屋内測位」技術が登場!おもて…


無線LAN」関連のセミナー

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 6月5日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 6月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 6月12日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無線LAN/ 無線LANの導入状況」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無線LAN/ 無線LANの導入状況」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003942


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > 無線LAN > 無線LANのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ