メディアタブレットの企業導入、7つの勘所

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

メディアタブレットの企業導入、7つの勘所

2011/01/24


 2010年4月にiPadが発売されて以来、急速に認知が進みつつある「メディアタブレット」。iPadの後を追うように、メーカー・ベンダ各社が続々と新製品を投入している。しかし、外観や搭載されるOSが何であるかという観点からだけでは、製品の選び方は難しい。ここでは、そんなメディアタブレットの製品選びについてポイントを挙げて解説しよう。なお、メディアタブレットの最新事情に関しては、「IT製品解体新書」を参照してほしい。

メディアタブレット

※「メディアタブレット/メディアタブレットの企業導入、7つの勘所」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「メディアタブレット/メディアタブレットの企業導入、7つの勘所」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

メディアタブレットの基礎解説へ


1

「メディアタブレット」の選び方

 メディアタブレットの製品選びに際しては、まず現時点におけるメディアタブレットの状況を把握していただきたい。詳しくは「IT製品解体新書」で解説したが、日本におけるメディアタブレットの製品展開は、「iPad」と「Android搭載製品」に二分される。選択肢としてはそれほど多岐にわたるわけではない。しかしながら、Android搭載端末はベンダ・メーカーが入り乱れ、多数の製品が登場しているため、その部分での製品選択眼が求められる。その点を踏まえていただき、メディアタブレットの製品選びのポイントを確認していこう。

ポイント1

iPadかAndroidか?

 現時点でのメディアタブレット選びはまず「iPadかAndroidか?」というところから始まる。
 iPadは、「3G通信機能搭載モデル」「Wi-Fi搭載モデル」の2モデルがあるものの、基本的には1プラットフォーム1製品で展開しているメディアタブレットだ。対してAndroid搭載メディアタブレットは、多くのベンダ・メーカーが提供している。また、ハードウェアの仕様も各製品で細かく異なる。更に搭載されているOSであるAndroid自体にはいくつかのバージョンがあり、微細ではあるが仕様に違いがある。Androidに関しては、ユーザインターフェースのカスタマイズなども自由に行えるので、カテゴリ的には同じAndroid搭載メディアタブレットであってもそれぞれは異なる製品だと捉える必要がある。もちろんAndroid搭載メディアタブレットの基本的な操作感や設定方法などはほぼ同じだ。そのため、Windowsパソコンを選ぶ時にどれを選ぶか、というような考え方に近くなるだろう。その点は後述するが、まずはiPadとAndroid搭載製品の差異を明確にしよう。

表1 iPad VS Android
表1 iPad VS Android

 このようにiPadの仕様は堅くシバリがキツい状態で、Androidは自由度が高い。オリジナルアプリを開発してメディアタブレットで活用したいというようなケースであれば、Android搭載製品を選択することとなるだろう。一方で、多数の公式アプリが提供されているiPadを選択することも考えられる。絶大なシェアを誇り、単体仕様のメディアタブレットであるiPadに関しては、今後多数のビジネスソリューションが登場することが考えられる。
 Android端末に関しては、「Android端末の中から1機種を選んで複数台導入する」ということになるだろう。Android搭載メディアタブレットを複数機種選んで導入しても、仕様の違いを吸収して使用・管理するのが難しくなるからだ。
 そう考えると「iPadかAndroidか」ではなく、まずはiOSとAndroid OSの差異を見極めた上で、「iPadかGALAXY Tabか」や「iPadかLuvPadか」のように、iPadと「Android搭載タブレットの1製品」という検討が選び方のポイントとなる。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

メディアタブレット/メディアタブレットの企業導入、7つの勘所」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メディアタブレット」関連情報をランダムに表示しています。

メディアタブレット」関連の特集


昨今注目を浴びている営業現場での「タブレット端末」を使ったプレゼン手法。手軽に持ち運べ画面がきれい、…



複数のキャリアが多様なサービスを展開し、次世代規格LTEの商用サービスも開始したモバイルブロードバン…



アプリケーション開発や改修に欠かせないテスト工程。この工程にかかるコストを削減する際の切り札となるの…


「タブレット」関連の製品

中堅・中小企業でもできる「モバイルファースト」とは? 【KDDI】 9.7型「iPad Pro」はこれまでのiPadとココが違う 【KDDI】 「探偵さんってどんなアプリを使ってるの?」――“絶対失敗できない”尾行に必須のアプリを聞いてみた 【KDDI株式会社】
タブレット タブレット タブレット
大企業とこんなにも違う、中堅・中小企業のモバイル活用の実態 9.7型「iPad Pro」はこれまでのiPadとココが違う 「探偵さんってどんなアプリを使ってるの?」――“絶対失敗できない”尾行に必須のアプリを聞いてみた

「タブレット」関連の特集


2012年、1292億円と見られる同市場。今後7インチサイズは電子書籍端末としての利用が中心になると…



 前回に引き続き、iPadとiTunesを利用したペーパーレス会議システムを紹介する2回目です。今回…



“ワークスタイルの変革”に必要だった意識改革や制度設計などについて、その具体的な施策内容と効果ポイン…


「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

メディアタブレット/ メディアタブレットの企業導入、7つの勘所」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「メディアタブレット/ メディアタブレットの企業導入、7つの勘所」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003915


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ