情報漏洩を扉で防ぐ!入退室管理の選び方

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

失敗できないアナタを応援します IT製品選び方ガイド

情報漏洩を扉で防ぐ!入退室管理の選び方

2011/01/17


 組織のコンプライアンスが問われる事件が相次ぐなか、外部からの侵入もさることながら、組織内部の人間によるポリシー違反が重大な損失を招くことが広く認識されるようになってきた。そこで、従来は外部からの侵入を防ぐことが主な目的であった「入退室管理」にも新しい役割が求められている。外部からの物理的な侵入を制限することばかりでなく、社内でも社員のID情報にリソースへのアクセス権限を加え、セキュリティレベルによってゾーニングされたオフィス内の各部屋への入室制限を行って、内部からの情報漏洩を防ぎ、コンプライアンスを確保する目的が加えられるようになった。カメラによる監視・記録との併用や他の業務システムとの連携なども重要視されるようになり、組織のセキュリティシステムの一部として、これまでより多くの役割が期待されるようになっている。本稿では、このような背景をベースに、入退室管理システムの選び方のポイントを紹介していく。

入退室管理システム

※「入退室管理システム/情報漏洩を扉で防ぐ!入退室管理の選び方」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「入退室管理システム/情報漏洩を扉で防ぐ!入退室管理の選び方」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

入退室管理システムの基礎解説へ


1

入退室管理システムの賢い選び方

 入室する人の属性をICカードなどから読み取り、入室権限の有無を判断して扉の開閉を制御するのが入退室管理システム。同時に入退室時刻を入室者の属性情報と紐づけて記録し、管理可能なデータとして保存する。この管理の仕組みは会社の出入口などだけで使うなら単純だが、オフィス内をセキュリティレベルに応じてゾーニングして、社員などの職掌や属性に合わせて扉の開閉ができるように運用するとなると、社内の情報や資料の分類・仕分け、オフィスゾーンへの振り分けや、詳細な業務分析に基づく職掌定義などの準備が必要になり、突き詰めれば実に壮大なプロジェクトになる。その意味では、入退室管理システム導入は、アイデンティティ管理を中心にした情報と物理の両面での万全なセキュリティシステムを構築できる大きなチャンスだ。
 もちろん最初から理想形を求める必要はないが、未来のあるべき姿を見据えながら入退室管理を考えていく必要があるだろう。どのような入退室管理システムを構築すればよいのかについて、以下に考慮すべきポイントを紹介していこう。
 なお、入退室管理システムの基本構成や役割に関しては「IT製品解体新書」に記しているので、ご参照いただきたい。

ポイント1

セキュリティレベルに応じたゾーニングを考えよう

 入退室管理システムはごく単純な形を考えれば、重要なリソースのある部屋に入室できる人を特定し、その人が扉の前で認証操作をしたときだけ扉が開くようにするものだ。しかし管理すべき扉の数が複数あり、入室の権限も複数の種別がある場合、そして管理対象者が多い場合には、扉単位にセキュリティレベルを考えた開閉の条件設定を行い、部署やプロジェクトなどの役職・職掌といった利用者の属性情報に基づいて入室権限を自動的に判断する仕組みが必要になる。さらに入退室のログを取り、保管し、検索やレポーティングが随時できるようにしておく必要もある。
 セキュリティレベルに応じたゾーニングを、ビル単位で考えた場合の一例を図1に示す。

図1 セキュリティレベルに応じたゾーニングの例
図1 セキュリティレベルに応じたゾーニングの例
提供:三菱電機

 もっと簡単なレベル分けもあれば、さらに階層の深いレベル分けもありうる。例えばPCのないゾーン、一般的なPCがあるゾーン、機密情報を扱うPCがあるゾーン、サーバゾーンなどといったゾーニングも考えられる。
 それぞれのゾーンでは利用者のリソースへのアクセス権限が違うので、認証の方式を変えたり、複数の方式を組み合わせたりすることでセキュリティレベルを上げることができる。例えばレベル1ではICカード認証のみ、レベル2ではICカードと暗証番号、レベル3ではICカードとバイオメトリクス認証、レベル4ではレベル3の認証にプラスしてカメラによる監視を行うといった違いを設けることが可能になる。製品を選ぶ場合は、必要なセキュリティレベルに合わせた機器を利用できるかどうかが検討のポイントになる。
 また、ゾーニングを行ってきめ細かく管理をする場合には、個々の扉の設定や状況の監視が簡単にできる管理機能があることが望ましい。管理ツールによっては、そのほかのビルの安全設備なども含めてグラフィックな図面を表示し、個々の設備の状態が簡単に把握可能になるような工夫を凝らしている(図2、図3)。

図2 管理ツールの画面例1
図2 管理ツールの画面例1
オフィスの平面図を表示してドアや設備を管理可能
提供:三菱電機

+拡大

図3 管理ツールの画面例2
図3 管理ツールの画面例2
平面図、アラート表示、メモなどを表示している
提供:三菱電機

+拡大


コラム:物品管理への「タグ」応用

 「IT製品解体新書」で紹介したパッシブ型のRFIDタグは物品管理にも大きな役割を果たす。例えば資料のファイリングの際にその属性を記録したタグを貼付しておけば、持ち出し禁止属性のものなら出入口で警報を鳴らすことができる。棚にセンサを仕込んでおけば、何が棚から取り出されたかを検知、記録することもできる。その際に資料室に入室している人の情報と照合すれば、誰が何を利用したか把握することもある程度可能になる。このようにタグを使った物品管理を組み合わせると、さらに高度な行動監視が可能になる。


…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

入退室管理システム/情報漏洩を扉で防ぐ!入退室管理の選び方」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「入退室管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

入退室管理システム」関連の製品

ハンズフリー認証システム ACCURANCE-TAG(アキュランスタグ) 【オプテックス】
入退室管理システム
ハンズフリーでのスムーズな通行動線を確保しつつ、無駄開きによるセキュリティ性の低下を防止。利便性とセキュリティ性の両立を実現したハンズフリー認証システム。

入退室管理システム」関連の特集


322人を対象に「ログの管理状況」を調査。前編では「ログの取得、管理状況」や「ログの管理対象機器」な…



雇用形態が多様化している昨今、従来のタイムカード方式の勤怠管理では集計が大変…という方も多いのでは?…



 震災や新型インフルエンザの流行など、緊急事態に対応する「安否情報確認システム」。今回は事業継続計画…


入退室管理システム」関連のセミナー

画像認識技術の今後の可能性 -多様化する監視カメラの活用方法- 【シーネット / シーネット コネクト サービス】  

開催日 12月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

 2020年の東京オリンピック開催に向けてセキュリティ強化への関心が高まり、監視カメラ市場はアナログカメラから、高画質で遠隔監視も可能なネットワークカメラへと急…

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

入退室管理システム/ 情報漏洩を扉で防ぐ!入退室管理の選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「入退室管理システム/ 情報漏洩を扉で防ぐ!入退室管理の選び方」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003913


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > 入退室管理システム > 入退室管理システムのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ