移行進む「デジタルKVMスイッチ」の活用例

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

製品の基礎をきちんと理解! IT製品解体新書

移行進む「デジタルKVMスイッチ」の活用例

2011/01/04


 1セットのキーボード、ビデオモニタ、マウスで複数のコンピュータの操作を可能にする「KVMスイッチ」。オペレーションの手間を減らすことで運用効率を高め、省スペース化によるコスト削減なども実現可能にする装置だ。最近では単なる“切替器”という役割から、メーカーの提供する管理ソフトウェアと組み合わせて利用することで、様々なメリットをもたらすソリューションへと移行しつつある。しかしユーザ企業側の認識は、あまり進んでいないようだ。そこで今回の特集では、KVMスイッチの基本をおさらいした上で、ソリューションとしてのKVMスイッチの役割などを解説する。「IT製品選び方ガイド」ではKVMスイッチを導入する際のポイントについて解説しているので、そちらも併せてご参照いただきたい。

KVMスイッチ

※「KVMスイッチ/移行進む「デジタルKVMスイッチ」の活用例」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「KVMスイッチ/移行進む「デジタルKVMスイッチ」の活用例」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

KVMスイッチの選び方ガイドへ


1

KVMスイッチを解体しよう!

1-1

KVMスイッチとは

 KVMスイッチは、1セットのキーボード(=Keyboard)、ビデオモニタ(=Video monitor)、マウス(=Mouse)を統合し、複数のコンピュータの操作を一元的にコントロールするための装置だ。KVM切替器と呼ばれる場合もある。
 製品タイプとしては大きく2種類で、キーボード/モニタ/マウスで入出力されるアナログ信号をそのまま伝送するアナログKVMスイッチと、アナログ信号をデジタル信号に変換し、IPネットワークを介してパケット転送するデジタルKVMスイッチに分類できる。
 前者「アナログKVMスイッチ」は、基本的にサーバルームに運用管理者が出向き、室内で作業をする場合に利用されるもので、エクステンダ(後述)を使うことで、最大で300m離れた場所からでも操作できるようになっている。とはいえ現実的には、1つの建物内での利用が限界だろう。これに対し後者「デジタルKVMスイッチ」は、IPネットワーク越しの遠隔操作を可能にするもので、この形態は“KVM over IP”とも呼ばれる。LAN内のサーバルームだけでなく、遠隔地のデータセンタにあるサーバ群を、WANを介してコントロールすることができるようになる。
 実際の製品は、8ユーザ/32ポートというように、「同時接続ユーザ数(=同時にアクセスする運用管理者の数)」と「ポート数(=コントロール可能なサーバの台数)」の違いによってラインナップされている。

図1 アナログKVMスイッチとデジタルKVMスイッチの利用場面
図1 アナログKVMスイッチとデジタルKVMスイッチの利用場面
資料提供:ATENジャパン株式会社

 またKVMスイッチの利用場面では、各種の周辺機器も併せて使われることがある。ここでは代表的なものを2つ紹介しておこう。
 1つ目が「ドロワー」で、端的に言えば“コンソール”のことだ。KVMスイッチに接続し、ラック内の複数台のサーバをコントロールするための機器で、液晶ディスプレイ/キーボード/マウスなどを搭載している。基本的にはサーバルーム内で操作をするためのものである。デジタルKVMスイッチが大きく普及しても、ルーム内での作業はどうしても残る。その際にドロワーは、ラック搭載コンソールとしてやはり必要だ。デジタルKVMスイッチの本体にもローカルコンソールを接続するためのポートがあり、ここにドロワーを繋ぐようになっている。
 2つ目が「エクステンダ」で、コンソールを有線で延長するための機器だ。例えば、別室のオペレーションルームにコンソールを延長する際に使われる。送信器/受信器の2台1組になっており、送信機をサーバルーム内のドロワーに、受信機を離れた場所にあるコンソールに接続して利用する。

図2 KVMスイッチと関連機器を含むシステム構成例
図2 KVMスイッチと関連機器を含むシステム構成例
資料提供:富士通コンポーネント株式会社

 KVMスイッチの導入メリットとしては、複数サーバを一元管理できることによる運用管理者の負荷の軽減、キーボード/モニタ/マウスを1セットに集約することによる省スペース化、それらにともなう管理コスト/場所代/電気代のコスト削減が挙げられる。またサーバルームやデータセンタに人が立ち入らなくても済むことから、物理的なセキュリティ対策としても有効だ。さらに最近では、メーカーの提供する管理ソフトウェアや運用管理ツールなどと連携することで、様々なメリットをもたらしてくれる。この点については後述する。

図3 ホットキーを利用したサーバの切替
図3 ホットキーを利用したサーバの切替
例えば[Ctrl+Alt+Shift]を同時に押した後に、数字ボタンもしくは矢印ボタンで使用するサーバに切り替える。
資料提供:ぷらっとホーム株式会社

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ
関連キーワード

KVMスイッチ/移行進む「デジタルKVMスイッチ」の活用例」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「KVMスイッチ」関連情報をランダムに表示しています。

KVMスイッチ」関連の特集


面倒だけど大事なサーバ管理…の必需品、KVMスイッチの選択時に見落としがちなポイントを紹介!マウスが…



離れた場所にあるサーバのキーボード、画面、マウスを自分の手元まで延長してくれる「KVMスイッチ」。サ…



1桁成長にとどまる見込みの2011年度「国内仮想化サーバ」市場。そもそも、仮想化サーバ市場の動向に影…


「KVMスイッチ」関連の特集


K・V・Mは何の頭文字・・・?メリットや類似製品との違いも合わせて、簡単アニメーションでサクッとおさ…



単なるPCの切替え器として機能してきたKVMスイッチは、いまや遠隔監視のキーデバイスとして役立つシロ…



離れた場所にあるサーバのキーボード、画面、マウスを自分の手元まで延長してくれる「KVMスイッチ」。サ…


「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

KVMスイッチ/ 移行進む「デジタルKVMスイッチ」の活用例」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「KVMスイッチ/ 移行進む「デジタルKVMスイッチ」の活用例」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003908


IT・IT製品TOP > サーバー > KVMスイッチ > KVMスイッチのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ