この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

WAF

2010/10/12


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、WAFのシェア情報をご紹介しよう。

※「WAF/「WAF」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「WAF/「WAF」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

WAFの選び方ガイドへ
WAFの基礎解説へ

 ミック経済研究所の調べによれば、2009年度のWAF(Webアプリケーションファイアウォール)の市場規模は、前年対比93.0%増の19.3億円であった。2010年度は前年対比46.1%増の28.2億円になるものと予想されている。Webアプリケーションへの攻撃は、ネットワークレベルのセキュリティ対策では防ぐことはできないため、同市場が形成され始めてきた。
 2009年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、アプライアンスタイプのスタンドアロン版とソフトウェアタイプのモジュール版を販売するF5ネットワークスジャパンが、前年対比203.0%増、出荷金額10億円、シェア51.8%を獲得して1位になった。モジュール版がネットワーク機器「BIG-IP」上で稼働するようになったため、「BIG-IP」ユーザがWAFも導入し始めた。販売面では展示会のフォローやソリューション提案を強化している。ミッションクリティカルなシステムの保護のニーズや同市場での実績や認知度から2009年度は大型案件が急増した。
 バラクーダネットワークスジャパンは、16.6%のシェアを獲得して2位だった。同社の製品は120万円台から導入でき、容易な導入・運用を差別化要因にしている。
 3位のImperva Japanのシェアは、15.5%であった。同社の製品はWAF機能に加えDB監査やDBセキュリティに対応している。日本独自のカスタマイズやマーケティング活動に注力し、2009、2010年度ともに前年対比で20〜30%増を見込んでいる。

WAFシェア

WAFシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

WAF/「WAF」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAF」関連情報をランダムに表示しています。

WAF」関連の製品

クラウド対応ソフトウェア型WAF InfoCage SiteShell 【NEC】 WAF/DDoS対策サービス TrustShelter/WAF 【NTTソフトウェア】 CLEARSWIFT SECURE Web Gateway 【日立ソリューションズ】
WAF WAF WAF
InfoCage SiteShellはWebサーバにインストールするソフトウェア型とWAF専用サーバのネットワーク型のどちらの形態でも導入可能。クラウド環境(IaaS)にも対応。 簡単かつ低コストにWebサイトセキュリティを強化できる、WAF/DDoS対策/CDNサービス。クラウド型WAFならすぐに導入でき、運用はお任せ。オンプレミス型WAFの提供も可能。 Webセキュリティに必要なURLフィルタリング、ウイルス対策などの機能をオールインワンで提供。

WAF」関連の特集


 最近、WordPressの脆弱性を突いた事件が多く発生しております。たとえば、2013年8月末に某…



 以前、「パブリッククラウドのセキュリティ対策は万全ですか?」と題して、オンプレミスからクラウドサー…



あらゆる不正行為を支援するアンダーグラウンドビジネス。サイバー犯罪に関する統計データを紹介するととも…


「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

WAF/ 「WAF」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「WAF/ 「WAF」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003897


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ