この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

SSL-VPNアプライアンス

2010/09/28


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、ミック経済研究所の情報を元に、SSL-VPNアプライアンスのシェア情報をご紹介しよう。

 ミック経済研究所の調べによれば、2009年度のSSL-VPNアプライアンスの市場規模は前年対比5.3%増の35.8億円であった。同市場は、内部統制や情報漏洩防止対策にともなう持ち出しPCの廃止/リモートアクセスの禁止などの逆風が吹いた影響から一時期成長率が鈍化した。しかし、これらを実施した企業では生産性の悪化といった問題もあり、セキュリティポリシーを見直す動きが見られ成長率については2009年度から再び高い伸びを見せるものと思われていた。しかしながら、経済状況の悪化から5%台の成長に留まった。
 2009年度の市場占有率(出荷金額ベース)を見ると、「FirePass」を販売するF5ネットワークスジャパンが前年対比1.7%増の12.2億円で、34.1%を獲得して1位になった。負荷分散製品「BIG-IP」で培われた技術力/信頼性が評価されているほか、両製品のOSが統合されていることもあり、「BIG-IP」ユーザによる導入も多い。スマートフォンといったモバイル端末需要もあり今後も安定した推移が見込まれている。
 「Secure Access」を販売する2位のジュニパーネットワークスは、前年対比4.5%増の11.5億円で、シェアは32.1%であった。公共/学校や金融業界をメインにターゲット業種を更に細かく分割して、直接の営業などエンドユーザとの接点を強化している。また、社内組織としてルータ製品、セキュリティ製品、WAN最適化やスイッチの3つのビジネスグループに分け、相乗効果を高めている。

SSL-VPNアプライアンスシェア

SSL-VPNアプライアンスシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ

SSL-VPNアプライアンス/「SSL-VPNアプライアンス」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「SSL-VPNアプライアンス」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ネットワーク関連」関連の特集


コカ・コーラは、アプリを使って「シュッとかざしてがちゃんと出てくる」新しい経験を生むことで反響を呼ん…



近年、IPv6が徐々に普及してきています。IPv6でのヘッダやIPアドレスの仕組み、IPv4との違い…



 インターネットに接続されるデバイス、いわゆるIoT(モノのインターネット)は、ここ10年で飛躍的に…


「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SSL-VPNアプライアンス/ 「SSL-VPNアプライアンス」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SSL-VPNアプライアンス/ 「SSL-VPNアプライアンス」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003895


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > その他ネットワーク関連 > その他ネットワーク関連の市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ