P2Pファイル共有ソフトと暴露マルウェア

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    石丸 傑
    Suguru Ishimaru
    株式会社Kaspersky Labs Japan
    2008年Kaspersky Labs Japanに入社。ITセキュリティラボに配属され、マルウェアアナリストとして様々なサイバー攻撃およびこれらに付随するマルウェアに関して解析・研究を担当。
2010/09/07
P2Pファイル共有ソフトと暴露マルウェア

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「P2Pファイル共有ソフトと暴露マルウェア」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


暴露マルウェア/P2Pファイル共有ソフトと暴露マルウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暴露マルウェア」関連情報をランダムに表示しています。

暴露マルウェア」関連の特集


 前回まではP2Pファイル共有ソフトと暴露マルウェアについて、その中でも今話題になっているイカタコウ…



 前回はP2Pファイル共有ソフトと暴露マルウェアについて概要を紹介した。その中でもつい最近、作成者が…


「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の製品

これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 【トレンドマイクロ株式会社】 「デジタルワークスペース」が安全な働き方改革を実現する道筋 【ヴイエムウェア+他】 超高速秘密分散ソリューション 「SYMPROBUS Divide API」 【アクモス】
その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連 その他エンドポイントセキュリティ関連
これからのインフラ構築の“新標準”、「高セキュリティHCI」を解剖する 働き方改革を機にリモートワークを導入する企業が増えつつあるが、ここでも課題となるのがセキュリティ対策だ。リモートワークの利便性とセキュリティを両立する手法とは。 電子ファイルを解読不能な断片に超高速で分散するクラウドAPIサービス。暗号化とは異なり、断片ファイルが漏えいしても解読は不可能。DR対策や複数人認証にも応用できる。

「その他エンドポイントセキュリティ関連」関連の特集


 昨今、石油関連企業や国際的金融機関、米国のインターネット関連企業やセキュリティ企業を標的とした攻撃…



 利便性と情報セキュリティ、どちらをとるかは永遠の課題、そう言われて久しい。しかし、ここに至って、ビ…



 自社の情報システムやWebサイトに深刻な脆弱性があったとしても、トラブルもなく稼働している場合、問…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003885


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > その他エンドポイントセキュリティ関連 > その他エンドポイントセキュリティ関連のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ