生体認証の導入と運用に関するポイント

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    中野 学
    Manabu Nakano
    (独)情報処理推進機構 セキュリティセンター 情報学(博士)
    生体認証を始め、情報家電や自動車などの組込みシステムや制御システムなどの情報セキュリティ技術の調査および普及活動に取り組んでいる。バイオメトリックシステムセキュリティ研究会専門委員。
2010/08/31
生体認証の導入と運用に関するポイント

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「生体認証の導入と運用に関するポイント」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


生体認証/生体認証の導入と運用に関するポイント」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「生体認証」関連情報をランダムに表示しています。

生体認証」関連の製品

さまざまな変化に対応する俊敏な開発は可能? 3つのキーワードで考える 【日本アイ・ビー・エム】 AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 【日本テレマティーク】 放送・インフラ監視システムで期待、4Kデジタル「マルチユーザーKVMスイッチ」 【富士通コンポーネント】
システムコンサルティング フィルタリング KVMスイッチ
多くの業界でデジタル化が進み、企業には何よりも俊敏さが求められる時代となった。ユーザーの高い要求にこたえるため高品質かつ俊敏な開発が必要だが、それは可能なのか。 AIがいち早く異常を検知、内部対策を備えた多層防御の実力とは? 放送、電力、交通といった社会インフラを支えるKVMスイッチ。今回、最大4Kのデジタルビデオに対応したマルチユーザー操作のKVMスイッチがあの国産ベンダーから登場した。

生体認証」関連の特集


情報漏洩の原因は、「外部要因」と「内部要因」とに大別できます。今回は、万が一「内部要因」による情報流…



生体認証の導入目的は「個人情報・機密情報漏洩防止」が圧倒的。他、ID・PW管理、なりすまし防止の声も…



指紋や静脈など、本人のみが所有する“究極の個人情報”である生体情報を活用した「バイオメトリクス認証」…


「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003884


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ