この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

中堅・中小企業向けERP

2010/09/07


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、中堅・中小企業向けERPのシェア情報をご紹介しよう。

※「中堅・中小企業向けERP/「中堅・中小企業向けERP」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「中堅・中小企業向けERP/「中堅・中小企業向けERP」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

中堅・中小企業向けERPの選び方ガイドへ
中堅・中小企業向けERPの基礎解説へ

 富士キメラ総研の調べによれば、2009年度の中堅・中小企業向けERP市場は692億5000万円、数量で2万730ライセンスであった。基幹系システムとしてIT投資における優先順位度は高いものの、投資の先延ばしや、システムの構成上必要とするモジュールの見直し・選別などが行なわれており、2009年度に関しては、前年度末からの投資減退感を払拭できない状況であった。2010年度からは、新たな投資への取り組みが見受けられるようになっており、後半以降は、徐々にではあるが投資拡大の方向性が強まってくると見られる。
 大きなインパクトとなるであろうIFRSへの対応に関しては、具体的なシステム展開は2011年以降の2〜3年となると思われるが、今の段階ではどの程度の特需となるのか見通しがつきにくい。しかし何らかのプラス要因として好材料となるのは確実で、既存ベンダの販促対応がユーザニーズの拡大を後押しすることにもつながっていくと見られるほか、IFRS準拠を契機に新たなベンダの台頭も考えられる。
 2009年度の市場占有率を見ると、新会社による中堅・中小企業向けのビジネス拡充を行なうと発表したベンダが、数量ベースで16.2%、金額ベースで18.8%を占め、いずれも1位であった。各ベンダともに、横這いもしくは10%内外のマイナス成長となっており、特別に勝ち組が存在したということもなかった。

中堅・中小企業向けERPシェア

中堅・中小企業向けERPシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

中堅・中小企業向けERP/「中堅・中小企業向けERP」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「中堅・中小企業向けERP」関連情報をランダムに表示しています。

中堅・中小企業向けERP」関連の特集


2012年、利用端末としてスマートデバイスが伸びた同市場。“現場レベルでのBI活用”にも注目が集まる…



ERP業界の再編が進んだことで、混迷を極める製品選び。テンプレートの良し悪しや簡単カスタマイズ機能な…



製造業、卸売・小売業、サービス業という日本企業の代表的な3つの業種に焦点を当てて、ERPをより有効に…


「ERP」関連の製品

クラウドERPシステム「NetSuite」 【ネットスイート】 GRANDIT 【双日システムズ】 ERP導入事例:経験ゼロでも短期間でグローバル経営管理を実現できた理由とは? 【ネットスイート】
ERP ERP ERP
ERP/財務会計、CRM、Eコマースを含む主要な業務アプリケーションの機能を、統合された1つのクラウドサービスとして提供。 基幹業務に留まらず、ワークフロー、BI、ECなどを標準機能で統合した純国産のWeb-ERP。双日システムズによるアドオンテンプレートの提供も。 ERP導入事例:経験ゼロでも短期間でグローバル経営管理を実現できた理由とは?

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

中堅・中小企業向けERP/ 「中堅・中小企業向けERP」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「中堅・中小企業向けERP/ 「中堅・中小企業向けERP」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003881


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ