この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

はずせない製品がわかる シェア情報アーカイブ

BIツール

2010/08/17


日々めまぐるしく変化するIT業界。市場を牽引しているベンダや製品を知ることは、失敗しない製品選定のための重要なファクターだ。そこで参考にしていただきたいのが、第三者機関から提供される調査レポートをベースにお届けする「シェア情報アーカイブ」。今回は、富士キメラ総研の情報を元に、BIツールのシェア情報をご紹介しよう。

※「BI/「BIツール」シェア」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「BI/「BIツール」シェア」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

BIの選び方ガイドへ
BIの基礎解説へ

 富士キメラ総研の調べによれば、2009年度のBIツール市場規模は200億円、数量で2080本であった。2009年度当初は、総合ベンダの事業統合によるシナジー効果や不況下における攻めのIT投資として、BI投資の活発化が見込まれたものの、見通しを超えるIT投資の抑制などの影響から、市場はマイナス成長となった。2010年度は、前年から持ち越された案件の復活や競争力向上に向けたデータ活用ニーズの高まりにより、プラス成長が見込まれる。
 2009年度の市場占有率を見ると、廉価で使い勝手に優れた国産製品を幅広いユーザ層に拡販したベンダが、数量ベースで34.0%を占め1位となった。一方、専門的でなく容易に使用できる製品を提供したベンダが、厳しい市場環境でありながら比較的堅調な推移となり、金額ベースでは27.0%で1位、数量ベースでも23.6%で2位となった。数量ベースで3位のベンダは15.4%で、金額ベースでは26.0%で2位だった。
 BIツールはERPと一括して導入されるケースも多く、IFRS対応にともなうERP刷新に合わせた需要拡大や、セグメント情報の開示の分野でBIツールを活用するといったニーズの拡大なども予想され、2011年度以降も継続的に好調な推移が期待される。また、2009年度は景気悪化の影響が大きかった製造業の占める割合に若干の低下が見られたが、2011年以降は本格的な回復が予測され、市場を牽引していくものとみられる。

BIツールシェア

BIツールシェア

図をご覧いただくには、会員登録が必要です。
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、図がご覧いただけます。

会員登録(無料)・ログイン

…この記事の図は、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

このページの先頭へ
関連キーワード

BI/「BIツール」シェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 クラウド型BIツール「DragonFly BI」 【グレープシティ】 データ・プレパレーション・プラットフォーム 「Paxata」 【アシスト】
BI BI ETL
脱Excelから想像以上の効果が――誰でも分析できる環境がもたらす利点 『スプレッドシート』を独自に採用し、使いやすさにこだわったシンプルなクラウド型BIツール。 ビッグデータやIoT、クラウドなど先進分野でのデータ分析に求められる「データ準備」を機械学習などの最新テクノロジーを活用して素早く実現する。

BI」関連の特集


2014年には1兆5550億円市場と予測されるデータセンタビジネス市場。そのカギを握る「クラウドサー…



これまで、潤沢な予算を持つ一部の大企業のものというイメージがあったクラウド型DWH。最近では、簡単・…



ペタバイト級のデータ量でも性能を劣化させないデータベース「NewSQL」について解説!NoSQLやR…


BI」関連のセミナー

TCO削減に効く!OracleDBからSQL Serverへの移行支援セミナー 【日本マイクロソフト/シーイーシー】 締切間近 

開催日 7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

2016年4月、日本マイクロソフトが「Oracle Database」から「SQL Server」への乗り換え支援プログラムの提供を発表して以来、「SQL Se…

Qlik Sense Tour 東京 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 7月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「セルフサービスBI」とはよく耳にするようになったものの、真の「セルフサービス」とは何を指すのか?BIからビジネスチャンスを導き出す方法や、最新トレンド情報、導…

Tableau japan社の「Tableau」の使い方とは? 【ランドスケイプ/Tableau japan】  

開催日 7月20日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

Tableau japan社の「Tableau」の使い方とは?営業現場が「動ける」データ利活用とは?営業現場が受注につながりやすい商談を積み重ねること。なぜ、実…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

BI/ 「BIツール」シェア」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「BI/ 「BIツール」シェア」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003879


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIの市場シェア > シェア詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ