この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の最新事情ナナメ読み! セキュリティWatchers

    宮川 晃一
    Koichi Miyakawa
     (特非)日本ネットワークセキュリティ協会
    日本ビジネスシステムズ株式会社 インフラストラクチャー&システムソリューション本部 セキュリティコンサルティング部 部長。アイデンティティ管理分野におけるスペシャリスト。
2010/08/26
アイデンティティ管理を考える 3/4

セキュリティ情報局にご登録頂いた方限定で「アイデンティティ管理を考える 3/4」の続きがご覧いただけます。

「セキュリティ情報局」とは、週1回のメールとサイト上で、セキュリティの基礎知識や最新情報などの記事をご希望の方にのみご提供する登録制のサービスです。「セキュリティ登龍門50」では、実際に起こったセキュリティに関する被害例やその対策、統計データなどを紹介します。また「セキュリティWatchers」では、最新事情や海外の状況などを専門家がレポートします。


アイデンティティ管理/アイデンティティ管理を考える 3/4」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アイデンティティ管理」関連情報をランダムに表示しています。

アイデンティティ管理」関連の特集


情報漏洩は、内部の人間による持ち出しが大半。いつ、誰が、どこに出入りしたかをしっかり記録し、確認でき…



ネットワークや情報基盤などを関連会社で共有すれば、一元管理もできてコストも大幅節約。どんな手順で統合…



ビルへの入館を制限するだけにとどまらない「入退室管理システム」。外部からの侵入を防ぐだけでなく、内部…


「ID管理」関連の製品

特権ID管理 CA Privileged Identity Manager 【アシスト】 ID管理ソリューション 結人・束人 【インテック】 特権ID管理 iDoperation(アイディーオペレーション) 【NTTソフトウェア】
ID管理 ID管理 ID管理
「OSでは満たせないあらゆるイベントのアクセス制御」と「特権/共有アカウントのパスワード貸出制御」を実現できる特権ID管理製品。 システムごとに存在するID情報の一元管理を実現する。異なるシステム間のデータ同期に加え、ID情報のライフサイクルを管理し、煩雑なID管理業務の負担を軽減する。 今求められるIT統制に対応でき、管理(ID貸出、パスワード変更、ログつきあわせ、ID棚卸等)を自動化できる特権ID管理製品。人手作業は利用申請・承認、点検結果確認となる

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


30003872


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ