柔軟に拡張できるインフラ環境を整えたい

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の課題を解決する処方箋。 課題スッキリ!IT処方箋

柔軟に拡張できるインフラ環境を整えたい

2010/12/14


 ビジネス変化に応じて必要とされるITリソースが、いつでもすぐに調達できればよいのに……。柔軟に拡張可能なインフラ環境は、システム部門における長年の夢であるが、今では仮想化技術やクラウドサービスなどを上手に利用することで、投資可能な金額で柔軟なインフラの拡張性を手に入れることができるようになってきた。今回は、最小限の投資でできるだけ拡張性、柔軟性に富むインフラをつくるためにどんな手法が使えるのか、2つの処方箋として紹介していく。

インフラ環境

※「インフラ環境/柔軟に拡張できるインフラ環境を整えたい」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「インフラ環境/柔軟に拡張できるインフラ環境を整えたい」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)

他の課題をチェック PickUp! 課題の解き方へ

柔軟に拡張できるインフラ環境とは?

 インフラのリソース(サーバCPU、ネットワーク機器やケーブル、ストレージ装置と容量など)を追加すれば、当然ながらインフラ環境は拡張できる。問題なのはそれにかかるコストと時間だ。できるかぎり追加する機器類を少なくして、短期に、場合によってはシステムを停止することなしに、必要とされるサービスの量と質に見合う拡張を行いたいところだろう。それが「柔軟に拡張できる」ということの意味だ。
 この目的のために、現在最も注目されているのが「仮想化」技術であり、今後の可能性に大きな期待が持たれているのがSaaS/PaaS/IaaSといったクラウドサービス、または自社内やアウトソーシング先のプライベートクラウドを利用するクラウドコンピューティングだ。今回はこれらのテーマに沿って、インフラの柔軟性、拡張性を上げるために有効な施策について考えてみる。


1

仮想的な環境を構築して拡張性を高める

 まずはサーバ環境に関して拡張性を高める手法を見ていこう。現在では仮想化について語られることが多いが、その理解のためにも、従来から行われてきた物理サーバを集約する仕組みにより拡張を容易にする手法を最初に紹介する。

ラックマウント型サーバを利用したサーバの集約

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには・・・

会員登録をすると自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

インフラ環境/柔軟に拡張できるインフラ環境を整えたい」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「インフラ環境」関連情報をランダムに表示しています。

インフラ環境」関連の製品

ITシステム変更管理ソフトウェア Netwrix Auditor 【ラネクシー】 脅威検出/分析プラットフォーム RSA Security Analytics 【EMCジャパン】
統合ログ管理 IDS
ネットワーク上に蓄積されたActive Directoryやファイルサーバなどの様々な変更ログを一元管理し、セキュリティ情報や稼働情報などのレポートを自動生成。 従来の分析ソースであるログ情報に加えパケット情報と脅威インテリジェンスを統合し、従来は発見困難だった脅威も迅速な検出を可能にする脅威検出/分析プラットフォーム。

インフラ環境」関連の特集


地震などの自然災害やコンピュータ機器への給電が突然絶たれることは、企業にとって脅威である。特にこれか…



単なるPCの切替え器として機能してきたKVMスイッチは、いまや遠隔監視のキーデバイスとして役立つシロ…



「運用管理に人を割く余裕がない…」企業のシステム環境が複雑化し、管理・監視対象が広がり、管理者の負担…


このページの先頭へ

インフラ環境/ 柔軟に拡張できるインフラ環境を整えたい」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「インフラ環境/ 柔軟に拡張できるインフラ環境を整えたい」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2


30003855



このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ