この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加

この先どうなる?が知りたいあなたに すご腕アナリスト市場予測

デスクトップ仮想化の有用性と課題

2010/12/16


 クライアント環境の管理は、多くの企業で課題視されているものの、手間がかかる一方で効果が見えにくいといった理由から、これまで後回しにされがちだった。しかし、情報セキュリティ強化や内部統制、BCP対応、ワークスタイルの多様化といった要請などから、喫緊に解決すべき課題となりつつある。そして、その有力な解決策の一つとして「デスクトップ仮想化」(VDI)に期待が寄せられている。
 本稿では、クライアントPCが抱える課題を整理し、その有用な解決策としてのデスクトップ仮想化のテクノロジーや現在の普及状況を概観したうえで、デスクトップ仮想化の導入メリット、その課題について解説したい。

デスクトップ仮想化

※「デスクトップ仮想化/デスクトップ仮想化の有用性と課題」の記事を一部ご紹介します。会員登録を行い、 ログインすると、「デスクトップ仮想化/デスクトップ仮想化の有用性と課題」の記事全文がお読みいただけます。

会員登録はこちら(無料)


アナリストプロフィール

三浦 竜樹

シニア・アナリスト 三浦 竜樹(Tatsuki Miura)

株式会社アイ・ティ・アール企業サイトへ
アナリストファイル #032

 米国カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校経済学部卒業後、大手広告代理店にて、日本ヒューレット・パッカードのHP Openview、Citrix社のマーケティングプラン策定、ネットワーク関連のシステムの広告戦略などに携わる。2001年4月より現職。現在は、GtoCおよびB2B2Cポータルサイト策定プラン、Webアプリケーション開発支援、次世代オフィスの情報装備計画案策定支援、e-Japan戦略への対応、次世代ネットワーク・サービス関連などのコンサルティングを手がける。



1

クライアントPC管理が抱える課題

■クライアントPCを取り巻く現状

 近年x86系サーバの仮想化の導入が急速に進み、そのメリットを多くの企業が実感するにつれ、デスクトップの仮想化に対する注目も高まっている。その背景には、多くの企業のIT部門において、クライアント環境のリプレース計画や運用管理に頭を悩ませてきたことがある。企業のクライアント環境を取り巻く課題は、主に4つの分野に存在している。

 まず、ほとんどの企業において検討課題にあがるのが、クライアントPCのOSに関する課題であろう。現在、企業で主に利用されているWindows XP(以下XP)は、すでに2008年6月に販売を終了している。さらに、同OSのメインストリーム・サポートも2009年4月に切れ、延長サポートも2014年4月までとなっており、Windows 7への移行を検討しなければならない時期にある。

 しかし、Windows 7は未だに多くの企業が利用しているXP向けに開発されたアプリケーションとの互換性に関して問題を抱えており、互換性の検証および動作しないアプリケーションの改修など移行コストが課題となっている。加えて、Windows 7への移行に伴い、Internet Explorer(以下IE)のバージョンも強制的にIE8となり、IE6上で稼動するWebアプリケーションのIE8での動作互換性に頭を悩ませる企業も少なくない。なお、Windows 7ではXPモードと呼ばれる仮想化技術を利用した互換モードを備えているが、こちらはアプリケーションの動作をはじめ、エンタープライズ向けのサポートがMicrosoftから提供されるものではない。

 さらに、スマートフォンやiPadに代表されるタブレット端末といった、個人が購入したクライアント端末の企業における利活用ニーズも高まっている。今後、IT部門では、多様な端末へのサポートやクライアント・セキュリティの強化など、運用管理負荷の増大に対応する必要性が高まるだろう。

…この記事の続きは、会員限定です。  会員登録はこちら(無料)

続きを読むには…
会員登録いただくと自動的にこの記事に戻り、続きが読めます。

会員登録(無料)・ログイン

このページの先頭へ

デスクトップ仮想化/デスクトップ仮想化の有用性と課題」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「デスクトップ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

デスクトップ仮想化」関連の製品

ITマネージドサービスで成功するプロバイダー選びの「10の条件」 【日本アイ・ビー・エム】 1ユーザー当たり5万円台 低価格で高性能なリモートデスクトップ 【アセンテック】 PAS-K シリーズ 【パイオリンク】
運用系業務アウトソーシング VDI ADC/ロードバランサ
IT部門がマネージド・サービスを採用すべき理由と具体的な選び方 ハイパーバイザーを使用せず、1ユーザー当たり5万円台という低価格で高性能なリモートデスクトップを実現する技術が登場した。仮想化特有の課題を払拭できる。 PAS-Kシリーズは、負荷分散機能とセキュリティのための高性能処理、及び、拡張性を高めるために設計されたアドバンストADC製品。

デスクトップ仮想化」関連の特集


 前回は「デスクトップ仮想化」という言葉から想像できるソリューションを紹介した。今回は仮想PC方式の…



デスクトップ仮想化市場は高い成長率が見込まれているが、実際に導入する際には障壁も少なくない。どのよう…



次世代クライアントの候補の1つとして注目を集めている「シンクライアント」。方式とその特徴、最新事情ま…


「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

デスクトップ仮想化/ デスクトップ仮想化の有用性と課題」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「デスクトップ仮想化/ デスクトップ仮想化の有用性と課題」の記事の続きがお読みいただけます。


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事に掲載している情報は、掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


ページ: 1 | 2 | 3 | 4


30003846


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのIT特集 > 特集詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ